qrcode

English text follows Japanese.

大晦日のこと。


たまたま参加したヨガのクラスが素晴らしくよかったのです。


レッスン中、インストラクターは『シュンニヤタ』と『プルナタ』のことを話してくださいました。


一体何のこと?と皆さんは思われるかもしれませんね・・・


これらのサンスクリット語の言葉は『(から)』と『完全なもの』を意味します。


流れるような動きを指導しながらインストラクターは何度もこれらの言葉を繰り返したのです。


呼吸を導きながら、完全に息を吐ききって、『シュンニヤタ』の状態をつくるよう私たちを促します。


そうすることによって、次の吸う息は『プルナタ』になります。


深く身体の隅々まで届くような呼吸になるのです。


物事への姿勢では、この1年のことを全て、悪い経験もハッピーな経験も全部解放してからっぽ、そう『シュンニヤタ』になります。


そうすることで、新しい年を新しい経験で満たしていくこと、そう『プルナタ』にできるのです。


新年にピッタリのメッセージですよねー:)


まずは『から』にして何かで満たしていくのです。


納得でしょ?


これって何にでも当てはまると思いませんか?


私は今溜まってしまったネガティブ思考を頭の中から大掃除しています。


それによってできたスペースはいつかポジティブな思いで満たされていくでしょう・・・

 



Shunyata and Purnata

 

On New Year’s Eve, I attended an inspiring yoga class.


During the class, the teacher talked about “Shunyata” and “Purnata”.


You might be wondering what they are…


Well, these two Sanskrit words mean “emptiness” and “wholeness” in English.


The words were used repeatedly by the teacher as she guided us through the flowy movement of the class.


In breathing, she urged us to exhale completely to create a state of Shunyata (emptiness), and by doing so we could inhale fully to create a state of Purnata (wholeness). 


In attitudes, she urged us to let go of all our experiences of the past year (Shunyata) and here she meant not only bad experiences but also happy ones, in order to welcome new experiences of the New Year (Purnata).


What a fitting message for New Year’s Eve :)


We need to empty out before we can fill in.


It makes sense, doesn’t it?


This can be applied to everything – for instance, I am decluttering my mind of all negativities that I have accumulated over the years.


In time, it will be filled with positive thoughts :)








English text follows Japanese.


ヨガをされたことがある方なら、動物の名前が付いたポーズがあることをご存知ですよね?


例えば、ウールドヴァ・ムカ・スヴァナーサナ(上向きの犬のポーズ)や、アド・ムカ・スヴァナーサナ(下向きの犬のポーズ)


どちらもワンコが伸びをしている自然な動きがヨガのポーズに取り入れられています。


ここでお馬鹿な質問を一つ・・・


犬が他のヨガ・アーサナを出来るのかってこと・・・


愛犬のウルフィー、7歳半のヨーキーを例に出してみましょう。


彼はまだまだ修行が足りないようで()好きなポーズはシャヴァーサナというリラクゼーションのポーズです。


というか、単に寝ることが好きなのですが・・・




しかし、世の中には立派なドギがいるようですよ!


というのは、友人が『ヨガ・ドッグ』というカレンダーがあることを教えてくれまして、そうワンコがヨガポーズをしている写真が載っているのです!


最近のコンピューターグラフィックはスゴイですね:)


とにかく、このカレンダー、とっても素晴らしいのです。


下の写真を見てみて下さいね。


愛犬家なら是非手に入れたいと思われることでしょう。


ところで、猫ファンには『ヨガ・キャット』カレンダーもあるのですよ。


ちらっと見たところ、猫バージョンの写真の方が自然に見えました。


きっと猫の方が犬よりも動きが身軽で優雅だからでしょう・・・


猫の方が飼い主にこっそりヨガをしていそう:)

 



Yoga Dogs

 

If you practice yoga, you are well aware that some yoga asanas are derived from animals.


Urdhva Mukha Svanasana (Upward Facing Dog Pose) and Adho Mukha Svanasana (Downward Facing Dog Pose), for instance, depict some natural movements of dogs when they have a good old stretch.


A question here is that can dogs do yoga asanas apart from the ones they are named after?


Well, let’s look at my darling Wolfie, a yorkie aged 7 and a half.


His repertoires are somewhat limited, I’m afraid…


Apart from the usual suspects, his favourite pose is Savasana (Corpse Pose).


However, it seems that not all dogs are like Wolfie and there are some enlightened dogis around in the world :)


A friend of mine let me know about this amazing calendar called “Yoga Dogs” in which dogis are in picture perfect yoga asanas – thanks to remarkable computer graphics, I must add :)


This calendar is fantastic!


Check out all the brilliant photos above.


If you are a dog lover, no doubt you want to put your hands on the calendar like me.


By the way, for a cat lover, there is “Yoga Cats” calendar, too!


Actually, the cat version looked to me to be more believable, you know…


Perhaps, cats naturally have more grace in their movement than dogs…


I can quite imagine cats practicing yoga behind their master/mistress’s back :)  








English text follows Japanese.


私たち女性は生理、妊娠、更年期という3つの重要な段階を経験します。


そして、それぞれの段階はポジティプ、ネガティブのどちらをも含めた様々な影響を私たちの身体と精神に与えます。


中には殆ど影響を受けない方もいらっしゃるようですが、多くの女性は何らかの影響を受けてしまうのが実情でしょう。


ところで、これらの段階を乗り切る助けをしてくれるものが存在するのですか、皆さんは何のことだかわかりますか?


そう、答えはヨガです!


ヨガのポーズには生理中の諸々の症状を和らげてくれるものがあります。


また、ヨガが妊娠と出産に効果的だということをご存知な方はたくさんいらっしゃいますよね。


昨今のマタニティーヨガ人気がその証拠です。


しかし、ここでは第三段階、そう更年期にフォーカスしたいと思います。


更年期にはいわゆる更年期障害という様々な症状が表れますが、例えば、顔のほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、めまい、腰痛など、身体に表れる症状。


そして、気分のむら、いらいら、うつなど、精神にみられる症状。


ヨガは身体を動かし、心身ともにリラックスさせることによって、これらの症状に立ち向かう助けをしてくれます。


そう、ヨガは更年期の力強い味方なのです!


『だれでもヨガ』では1月から月曜の午前中に『レディーズ・ヨガ・クラブ』という私を含めた更年期の女性のための新しいクラスをスタートします。


このクラスはハタヨガとリストラティブ・ヨガを組み合わせた内容で、ハタヨガで筋力と柔軟性を高め、リストラティブ・ヨガで心身ともにリラックスしていただきます。


また、更年期に悩む女性達をサポートする環境を作り出すことも目標にしています。


それが、『レディーズ・ヨガ・クラブ』という名前の由縁です。


インストラクター()を含めた全員が更年期の真っ最中になるわけですからお互いを助け合う環境はばっちりでしょう:)


このクラスのご予約、お問い合わせは『だれでもヨガ』までお気軽にご連絡ください。


クラスは118(月曜日)よりスタート。


毎週月曜日10001115です。


ご興味がある方は是非無料体験レッスンにご参加くださいね。



 

Ladies Yoga Club

 

There are three important stages for us women in the life – menstruation, pregnancy and menopause.


Each one of these stages has both positive and negative impacts on our body and mind however insignificant or significant they may be.


I know some lucky women who seem to just breeze through each stage, but most of us are affected by these changes in our life to a degree.


Guess what will ease and help us in each stage?


You no doubt guessed right :)


The answer is yoga!


Some yoga poses are great for easing the discomforts of menstruation.


Also yoga is well known for its positive effects on pregnancy and delivery.


Nowadays pregnancy yoga classes are very popular amongst expectant mothers.


But here, I’d like to focus on the 3rd stage of our life that is to say the menopause.


There are many symptoms for the menopause – some affect the body such as hot flushes, dizziness and lower back aches, and some affect the mind such as mood swings, irritability and depression.


Yoga can, however, help us to cope with them by strengthening the body and relaxing the mind.  


We are starting a new Monday morning yoga class, “Ladies Yoga Club”, from January especially for those who are going through the menopause like me.


The class combines both gentle hatha yoga and restorative yoga – hatha yoga to strengthen the joints and muscles, and restorative yoga to relax the body and mind.


The intention of the class also is to offer a supportive environment to ladies affected by the menopause.


Hence the name “Ladies Yoga club” and this won’t be a difficult task since all the participants including the teacher (me) are in the same boat :)


For more information as well as booking your place in the class, please contact daredemoyoga.


The class will commence on Monday, 18th January 2010 at 10:00am – 11:15am. 

 








English text follows Japanese.


数年前の話です。


とあるロンドンのコーヒーショップでヨガスタジオを日本でオープンするという私の夢を友人とお喋りしましてー。


どんな感じのスタジオで、また私のコンセプトについても話し合ったものです。


私は古い日本家屋をスタジオにするというイメージが昔から頭の中にあって、もともとは「町家」をスタジオにしたいと思っていました。


皆さんもご存知の通り、「町家」は伝統的な日本家屋で京都といった古都に多く見られます。


特色のある建物で例えば「猿戸」という玄関口は平均身長の日本人でも腰をかがめないと通れません。


また、格子戸や窓も特徴的です。


とにかく、私のスタジオが古い日本家屋に収まったのは確かです。


というか、「古い」と言えば、まだ聞こえがいいですが、本当は「ぼろっちい」という表現の方が適切かも・・・


あはは・・・


残念ながら「町家」ではないですが、それでも変な魅力があります!


でも要は、スタジオの外観よりもコンセプトの方が大切でしょ?




友人との会話の内容に戻りますが、私のコンセプトについて訊かれた時、最初に頭に浮かんだ言葉は「敷居が低い」でした。


つまり親しみやすく、誰でも簡単にヨガが出来る場所を提供したいと思ったのです。


年齢に関係なく、身体が硬い人も、柔らかい人も、男性でも女性でも、日本人でも、日本人以外でも、お上品な人も、普通の人も、誰でも気楽に敷居が跨げて、心から歓迎されていると感じられる場所・・・


「だれでもヨガ」という名前にはこれらの思いが込められています。


「洗練」という言葉からは程遠いですが、居心地がよく、とってもピースフルです:)


生徒の皆さんは同意して下さるでしょ?



 

Everyone is welcome

 

A few years ago, at one of the coffee joints in London, I was having a conversation with a friend of mine about my dream of setting up a yoga studio in Japan.


We talked about what sort of studio I had in my vision and what my concept would be.


I always had an image in my head that my studio would be an old Japanese house and, well, I originally wanted a “machiya”.


Machiya is a traditional Japanese style house you would see a lot in an old town like Kyoto.


It is full of characteristics such as a tiny entrance called “sarudo” that even an average height Japanese needs to duck his/her head to enter.


Latticed doors and windows are another distinctive feature.


Anyhow, I ended up with an old Japanese house for sure (perhaps, “old” is euphemism and “run down” is a more accurate description…), not quite “machiya”, but it has a quirky charm nonetheless :)




But that is only a trapping, and the concept for the studio is more important, right?


Back to my conversation with my friend, when she asked me what my concept would be, the first thing popped into my mind was that “shikii ga hikui” in Japanese – its literal translation for English is that “the entrance threshold is low.”


This saying originated from the time when doorsills of most of the houses were set well above the ground level so that the legs needed to be lifted higher to cross over the entrance.


The higher the doorsills were, the more forbidding and awkward to enter.


If they are set low, it’s obviously easier to enter – so “shikii ga hikui” means that no one feels awkward or unwelcome.


I wanted to create a studio where everyone feels welcome – whether you are old or young, whether you have a flexible body or stiff body, whether you are male or female, whether you are Japanese or non Japanese, whether you are posh or down to earth.


Hence the name “daredemoyoga” – yoga for everyone.


The place racks in sophistication, but it is welcoming and peaceful.


I hope all my students agree with me :)








 English text follows Japanese.

先日BBCワールドサービスのラジオを聴いていると、飛行機事故についての番組放送されていました。


内容が暗いって?


確かにそうですね。


でも、是非この続きを読んで頂きたいと思います。


番組中に飛行機事故の生存者二人のインタビューが流されまして、
まず一人目は先日ニューヨーク、ハドソン川で起こった墜落事故生存者である男性。


この事故では
奇跡的に乗客、乗員全員無事だったのがまだ記憶に鮮明に残っています。


もう一人は
女性で14年程前に起こった墜落事故の生存者。


不幸にも
この女性の両親を含む160名もの犠牲者が出た大事故で、生存者はたったの4のみ。


運命の日、メルセデスは両親と共にマイアミ発のアメリカン航空のフライトに搭乗していました。


この飛行機はコロンビアに向かっている途中、アンデス山脈に墜落することになったのです。


事故の原因は人的ミス− パイロットが間違ったコードをフライトのコンピュターシステムに入力してしまったため、墜落地
となる山脈への航路をとってしまったのでした。


正しいコードさえ入力されていたら、この悲劇は避けられたのです。


事故の原因を知って怒りを覚えたかと訊かれたら、彼女の答えは、


「勿論です。長い間非常に強い怒りを感じていました。」


でも、やがて「怒り」の感情を解き放すことをマスターしたそうです。


誰も起こそうと思って、事故を起こした訳ではないということを認めることが出来たそうです。


パイロットの人的ミスが事故原因ですが、意図的にミスを犯した訳じゃないと。


彼女曰く、「死ぬまで怒りの気持ちを抱えて生きていくことも出来たけど、そうしないことを選んだの。」


事故直後の記憶について尋ねられたら彼女は、


「墜落後、意識が戻ったら私は既に息絶えた人たちに囲まれていました。」と答えました。


彼女は必死に「神様、どうかもう一度生きるチャンスを与えて下さい」と祈ったそうです。


そして彼女は大怪我を負いながらも無事生き残ることが出来たのでした。


これほどの大事故を経験すると、人生観が変わってしまうのは当たり前。


セカンドチャンス−やり直しのチャンス」と言えば、使い古された言葉かもしれませんが、彼女が言えば信じられるでしょ?


彼女の次の言葉が印象的でした。


「私たちは毎日やり直しのチャンスを与えられているのよ。」


彼女の人生観はタントラヨガの教えに共鳴するものがあります。


実際彼女がタントラ哲学に精通しているのかは分かりませんが・・・


タントラは5世紀にインドで発展し8世紀から12世紀にかけて飛躍的な広がりをみせました。


ベダンタといった他のヨガ哲学世界を「苦難の場」と捉えていますが、それらと違ってタントラの思想は「世界は自分を高める場所」としています。


だからといってタントラはこの世に苦難があることを否定している訳ではありません。


苦難は確かに存在しますが、私たちは「目を開く」こと、つまり別の見解から状況を判断する選択肢をもっており、そうすることによって苦難を何か肯定的なものにつなげることが出来ると教えています。


メルセデスの言葉にもう一度戻りますが、彼女は私たちにこう問いかけています。


毎朝目覚めたら貴方はやり直しのチャンスを与えられているのよ。


貴方はそのチャンスをどう活かすの?


 

Second Chance

 

I was listening to BBC World Service Radio the other day.


A topic of the
programme of the day was a plane crash.


Sounds depressing?


Yes, it is a rather depressing subject, but do read on…


Anyhow, a couple of plane crash survivors were interviewed during the
programme.


One was a gentleman who survived the recent air disaster in Hudson River, New York in which miraculously no one lost their lives.


The other was a lady who was one of only four survivors of a plane crash which happened almost 14 years ago.


In this instance, tragically 160 people perished including her parents.


On the fatal day, Mercedes and her parents were on board American Airlines flight from Miami which crashed into the Andes on the way to Colombia.


This crash was caused by human error – the pilot entered the wrong code into the flight computer system that led the plane to the path of a mountain, the crash site.


The disaster could have been easily avoided if only the right code had been entered.


The interviewer asked her if she was angry when she found out the cause of the crash.


Her answer was yes, she was very angry for a long time and then eventually she learnt to let go her anger.


She
came to an acceptance that no one wanted to cause the crash.


Although it was caused by the pilot’s error, he did not make the error on purpose.


She said that she could have remained embittered for the rest of her life, but chose not to.


Then the interviewer asked her about the aftermath of the crash.


When she regained her consciousness immediately after the crash and
realised that she was surrounded by unmoving bodies, she said she desperately prayed for God to give her a second chance.


Despite her horrific injuries, ultimately she pulled through and recovered.


An experience of this magnitude would change anyone’s perception of life forever.


Second chance” sounds so cliché, however, when you hear it from someone who has gone through the extraordinary circumstances like her, you can believe in it, can’t you?


I find her next words truly inspiring.


She says every day is like a second chance given all over again.


For me, her attitude to life resonates with the teaching of Tantra Yoga.


I don’t know whether she is familiar with the philosophy, though.


Tantra was first developed in the 5th Century and flourished in the 8th to 12th Century in India.


Its concept of the world as a place to raise ourselves is vastly different from the views of other yoga traditions such as Vedanta that consider the world as a place of suffering.


This does not mean that Tantra denies the existence of suffering in this world.


Rather its perception is that suffering could lead to something positive as we have a choice to see it differently by opening our eyes.


This brings back to Mercedes’ words once again.


Every morning when you wake up, you have been given a second chance.


The question is what are you going to do with it?