qrcode

English text follows Japanese.

 

もし「幸せ」が触れることができるものなら、私の幸せはきっと小型のヨーキー、そう愛犬ウルフィーの姿とチョコレートのかたちをしているでしょう。


そうなの、私はチョコレートが大好きです。


私のフードヘブンはダークでスムース、そしてとっても濃厚なチョコレート・トラッフルに間違いなし:)


近頃ではダークチョコレートの健康への利点はよく知られていますよね。


その利点の一つに活性酵素 - フリーラジカル - の形成を減少させる抗酸化物質を多く含んでいることがあげられます。


そう、チョコレートは体に良いのです!


これって、オフィシャルよ!


もう罪悪感なしにチョコレートを食べられますよねー:)


ただし、食べ過ぎはもちろん健康に害!


何事もほどほどにね。


とにかく、いろんな種類のチョコレートがありますが、その中でもっともヘルシーなのはローチョコレートでしょう。


2009年9月(もうそんな昔の話!?)にローフードのお料理教室に参加して以来、ずっとそこで教わったローチョコレートのレシピを試してみたいと思っていました。


このレシピですが、超シンプルです。


材料さえ揃えば作り方は超簡単!


やっと先日のこと、1年以上も経っちゃいましたが、材料を揃えました。


早速作ってみることに!


準備に10分、冷蔵庫で固めるのに30分、ほんと、すぐできちゃったわ:)


完成品はというと、


美味しい〜:)


チョコホリックのみなさま、レシピはこちらよ。

 

ローチョコレート

 

材料


カカオバターもしくはココナッツバター(オイル)1カップ

カカオパウダー 1カップ

メープルシロップもしくはハニーもしくはアガベシロップ 大さじ4強

ナチュラル・バニラ・エクストラクト 小さじ1

塩 小さじ1/4

レーズン カップ1/2

 

作り方


カカオバターもしくはココナッツバター(オイル)を45℃のお湯で湯煎し溶かす。


全ての材料をボールに入れ滑らかになるまでよくかき混ぜる。


好みの型に流し込み、固まるまで冷蔵庫で冷やす。

 

これだけ!

 



Heavenly Raw Chocolate

 

If happiness were tangible, my happiness would take a shape of a little yorkie, my darling Wolfie, and a shape of chocolate!


I just love chocolate.


My food heaven is unquestionably dark, smooth and sinfully rich chocolate truffles :)


Nowadays, dark chocolate is well known for its health benefits.


One of such benefits is that it contains substantial amount of antioxidants that reduce the formation of free radicals.


So it is official!


Chocolate is good for you!


We can now indulge ourselves with guilt free chocolate, well, as long as we don’t go overboard :)


Among different types of chocolate, undoubtedly, raw chocolate has the most health benefits.


Ever since the raw food cooking class I attended in September, eh, 2009, I’ve wanted to try out the raw chocolate recipe I learned there.


This recipe is unbelievably simple!


In fact, it is just a matter of getting all the necessary ingredients.


Anyway, the other day, I finally got my act together (after more than a year, I must add…) and gathered everything I need for the recipe.


As I said, it is very easy to make and, well, it took me only 10 minutes to prepare the chocolate and a further 30 minutes or so to set it in the fridge.


And the end result?


Delicious!!!


To fellow chocoholics, here is the recipe for you!

 

Raw Chocolate

 

Ingredients


1 cup cacao butter or coconut butter (oil)

1 cup cacao powder

4 heap tbsp maple syrup or honey or agave syrup

1 tsp natural vanilla extract

1/4 tsp salt

1/2 cup raison

 

Method


Melt cacao butter or coconut butter (oil) in a bowl over another bowl of hot water of roughly 45
.


Mix well all the ingredients together until smooth.


Pour the mixture over a mould of your choice and set it in the fridge.

 

That’s it!








 English text follows Japanese.

出来ました!


編み目にむらがあるけど、誰も気にしないわよね!?


私自身そんなマイナー(?)なディテールはどうだっていいの:)


初めての作品にしてはまずまずの出来かしらん。


このマフラーの毛糸、とっても気に入っています。


もち、大好きなアブリルの糸です:)


色がキレイでしょ?


とにかく、このマフラー、簡単ですぐに完成しちゃいました。


出来上がりまでの所要時間はたったの2時間程・・・


20ミリサイズのジャンボ編み棒を使ったのですぐに編めちゃったのよね。




それと、初心者でも簡単なガーター編みで編み上げたことも早く出来た要因でしょうね。


今回、編み物ってとても治癒的でリラックス出来るっていうことを発見しました。


一目一目編んでいきながらマインドは静かになっていきます。


まるで瞑想しているように・・・


ほんと、編み物はヨガと同様ストレスが溜まっている方にいいかも・・・


マフラーが完成したから、次のものが編みたくって、編みたくって!


そう、またマフラー:)


まだ寒いから暖かいマフラーは何枚あってもいいよね?


 

Hand knitted Scarf!

I've done it!

Well, stiches are not quite even, but who cares!?

I certainly don't care about the minor (?) imperfection :)

All in all, it's not too bad for a first knitting project.

I just love the yarns I've chosen for the scarf.

They are from my
favourite yarn maker, Avril.


The colours are amazing, aren't they?

Anyway, it has turned out to be a quick & easy project.

Start to finish, all I needed was a couple of hours and no more!

I used jumbo knitting needles that were 20mm in size for the scarf.

I think this has helped to speed up the process a lot.

Also, the scarf was knitted in garter stitch that was considered one of the easiest stitches we could do.

This has helped, too.

I find knitting very therapeutic and relaxing.

It has a meditative quality as the mind switches off while your hands work to make a stitch after stitch.

Indeed, I think that knitting is as good as yoga for those who are stressed up.

Now my first project is over, I'm itching to knit another, eh, scarf :)

Well, it’s still cold out there, and a warm scarf is always handy, huh?








 

English text follows Japanese.

 

私は寒いのが苦手・・・


春が待ち遠しいです。


でも、この季節、暖かくなるととってもアンウェルカムなものが発生するのよ
ね・・・


そう花粉です。


多くの花粉症の方々同様、惨めで不快な季節の到来を案じている私。


日本では殆どの花粉症患者は杉かヒノキ、もしくはその両方の花粉にアレルギ
ーを持っていますよね。


2月になってちょっと気温が上がれば杉花粉が発生します。


気象庁によると今年は例年の10倍の花粉が予測されているようで、昨夏の猛暑の名残だそうです。


最悪〜!


この2週間で奇跡的に花粉症が完治しない限り、私にとって嫌な症状と格闘する惨めな季節の始まりです。


とにかく、花粉症対策はできる限りのことをしないとね。


薬を服用する以外に何ができるかしらと考えていたら、ネティのことを思い出しました!


ネティとはヨガ伝来の鼻腔を浄化する方法で、鼻をうがいするようなものです。


このネティですが、シャッカルマと呼ばれる6あるヨガ体内浄化法の一つです。


16世紀頃に著され、ハタヨガの分野でもっとも権威ある経典のひとつである「ハタヨガプラディピカ」にこれらの浄化法のことが詳しく書かれています。


ちなみにネティ以外のシャッカルマが何かというと、ダウティ(消化器官を浄化する方法)、バスティ(ヨガのエネマ)、トラタカ(凝視)、ナウリ(腹部のマッサージ)、そしてカパラバティ(呼吸法の一つで前脳を浄化する方法)です。


興味がある方は「ハタヨガプラディピカ」を是非読んで下さいね。


えーっと、浄化方法の手順ですが、ちょっと凄いよ。


とにかく、ネティですが、2種類ありまして、ここではジャラ・ネティといってお水を使う浄化方法をご紹介します。


さて、手順ですが、まずネティ・ポットを用意します。(ネットショップで購入可能ですよ。)


それに食塩を少し混ぜたぬるま湯を入れ、注ぎ口を鼻孔に挿入します。


頭を傾けてもう片方の鼻孔からお湯が流れるようにします。


その間、口を軽く開けて呼吸を続けることが肝心です。


もう片方の鼻孔も手順を繰り返し、最後に鼻を乾かすために、勢いよく鼻孔から空気を出すことを数回行います。


最初は要領を得ないかもしれませんが、慣れてしまうと鼻腔を浄化するのに非常に効果的です。


花粉症でお悩みの方にはお勧めですよ。


ただし、他の耳鼻疾患をお持ちの方は使用前に専門医にご相談くださいね。



 

Neti
 
I hate cold weather and can't wait the arrival of spring.

Unfortunately, the warmer weather has its unwelcome side effect, namely tree pollen!

Like millions of hay fever suffers, I'm really dreading the season of misery and discomfort.

In Japan, most of hay fever sufferers have allergy to cedar and/or cypress pollen.

Come February, just as soon as weather turns a little bit warmer, cedar starts releasing pollens.

This year, the Met Office has already predicted that pollen count would be TEN times higher than the average.

A legacy of the exceptionally hot summer we had last year, apparently.

Ugh...

Unless I were to be miraculously cured of the affliction in the next week or so, I would need to brace myself for the onslaught of the nasty symptoms to come.

It is vital that I do everything I can to lessen my misery.

So what could I do apart from taking the conventional medicines?

Then I remembered about "neti" - a yogic nasal cleansing technique.

Neti is a part of shatkarma or six yogic systems of body cleansing techniques.

These techniques are depicted in Hatha Yoga Pradipika, one of the foremost texts on Hatha Yoga, dating from about the 16th century.

Besides neti, the rest of shatkarma are dhauti (internal cleansing, mainly the cleaning of the digestive tract), basti (yogic enema), trataka (concentrated gazing), nauli (abdominal massaging) and kapalbhati (a breathing technique for frontal brain cleansing).

If you are interested in these cleansing techniques, do read Hatha Yoga Pradipika.

It is quite, eh, riveting to find out how they are done.

Anyway, back to neti, there are two types of nasal cleansing techniques and, here, I'm talking about "jala neti" - nasal cleansing with water.

For this technique, you need a neti pot (I bought mine online).


Fill the pot with lukewarm, slightly salted water, and insert its spout into one nostril.

Tilt your head so that the water flows out the other nostril.

Keep breathing through your mouth during the procedure.

Repeat on the other side, and make sure to dry the nose afterwards by rapid breathing.

You might find that the technique is a bit tricky at first.

But once you get the hang of it, this is a great way to clear nasal passage and very beneficial for hay fever sufferers.

For precaution, if you have any ENT related illnesses, please consult with your doctor before you try the technique.
 








 

English text follows Japanese.

 

うちの家族は女性メンバー全員手先が器用です。


亡くなった祖母は昔編み物を教えていたらしく、大勢の生徒がいたそうです。


母は洋裁の先生で、これまた大勢の生徒に縫物を教えていたそうです。


姉は編み物も縫物もどちらも上手で、義理の姉に関してはいつも素敵なバッグやマフラーを手作りしています。


そんな家系の中で、私はというと?


あはは・・・


哀しいけど、一人だけ不器用で縫物も編み物もダメなのです。


だけど、クリエイティブな遺伝子を少しは受け継いだみたいで時折何か手作りしたくなります。


随分前の話ですが、タペストリーにはまった時期があります。


たくさん作品を作って、額に入れてお部屋に飾ったり、クッションにしたりしたものです。


2年程で興味を無くしてしまいましたが・・・


お次にはまったのがパピエマシェ。


古新聞を糊で何重にも貼り付けてオブジェを作るのです。


これはすぐに飽きちゃいました。


その次はビーズにはまり、2年間でビーズのアクセサリーを大量に作りました。


今でも気が向けばネックレースか何か作ることがあります。


と言いつつ、最近は滅多にしませんが・・・


ビーズの後は、ずっとはまるものがなかったのですが、昨年末に義理の姉がお洒落なマフラーをしているのを見まして、その毛糸の素敵なこと!


3本の色も種類も違う糸をより合わせて編んだものなのですが、その組み合わせがとっても良い感じなのです。


この毛糸ですが、アブリルというメーカーのもので、私もこの毛糸を使ってマフラーを編みたくなりました:)


義理の姉によると、編み方は超シンプルで、2時間程度でマフラーが仕上がるとのこと。


彼女は編み物のベテランで私は初心者だけど、簡単だったら私にだって編めるよね?


編み方を教えてくれるって言うし、もう編む気満々です:)


早速、ワクワクしながら心斎橋大丸デパートのアブリル売り場に毛糸を買いに行ったのですが、そこで私を待っていたのは美しい毛糸の数々・・・


どの糸も「私を編んで!」と語りかけてくるよう・・・


どれもこれもゴージャスな毛糸ばかりで選ぶのに苦労しましたが、4種類の糸を購入して意気揚々と帰宅しました。


早く編みたい〜!


頭の中ではもうマフラーは完成していて次に何を編もうかな〜と考えちゃってます:)


私って、いつも歩けるようになる前に走ろうとするのよね・・・


とにかく、待ち侘びていた編み物レッスンの日が来たのですが、予想とは全く違う展開に!


教えてもらっても編み方がよくわからない!


私ってこんなにおバカなの!?


私が選んだ4種類の糸は初心者には扱いづらく、編み目が分からないの〜


結局ギブアップ・・・


情けないよ!


私を可哀そうに思って義理の姉が代わりにマフラーを編んでくれました。


でもね、編み物を諦めた訳ではないですよ!


アブリルの毛糸に恋してしまったのですもの・・・


絶対、編み物をマスターすると心に誓いました!


2011年、新年の決意です:)


頑張るからねー!

 




Fabulous Yarns!
 
Everyone in the female side of my family is clever with their hands.

My grandmother, for instance, ran popular knitting classes with many students when she was alive.

My mother used to be a dressmaker and she also taught sewing to, again, many students.

My sister is another one who is good at both sewing and knitting.

Then to top it all, my sister-in-law is forever making beautiful handcrafted bags, scarves and such.

And how about me?

Well, sadly, I'm an exception among my talented family.

I can neither sew nor knit well.

However, I seem to have inherited a weeny gene for creativeness as I tend to develop an urge to make something with my hands every now and then.

Many years ago I was hooked by needlework for a while. 

I was really into it and made loads of tapestries - some of them were framed and the others were made into cushions.

My interest in this area, however, died down after two years or so.

Next came my papier-mâché period.

Unfortunately it didn't last long, either.

After that, I was into bead crafts and made loads of jewelries for the period of, again, two years or so.

I still make the odd necklace or two when my mood takes me, but it doesn't happen often.

Actually, for a quite long time I'd had no desire to take up anything creative until I saw a gorgeous hand-knitted scarf that was my sister-in-law's creation at the end of last year.

OMG! The yarns she used were just amazing!


She used a combination of three yarns to make out one thicker yarn and they were all different in colours and textures.

These beautiful yarns were from a yarn maker called Avril.

And you know what?

I just had to knit my own scarf using these fabulous yarns!!!

According to my sister-in-law, it took her only two hours to knit the entire scarf and the knitting technique, she said, was very simple.

She even offered to teach me how to knit :)

Well, she is a seasoned knitter whereas I'm a novice...

Still, if the method is simple, even I should be able to knit a scarf, right?

So with huge excitement, I visited Daimaru Department store in Shinsaibashi where Avril yarns were stocked the other day.

AND what waiting for me there was a knitter's paradise - exquisite yarns everywhere that all seemed to be begging us to knit them.

It was hard to choose yarns as they were all incredibly beautiful and there were so many of them.

Anyway, after much deliberation, I picked out four yarns and armed with my purchase, I went home happy bunny.

Eagerly anticipated day for my knitting lesson finally came.

I couldn't quite contain my excitement - in my head, I was an expert knitter already and started to thinking about what I would knit next.

You know, my problem is that I always try to run before I can walk.

Unfortunately, the lesson didn't proceed according to my plan...

I just couldn't get it!!!

I must be a class A idiot!!!

Also a combination of four yarns wasn't easy to handle for a beginner, either.

Do you know what happen to my beautiful yarns?

Well, my sister-in-law took pity in me in the end.

She took them home and knitted a scarf for me - bless her heart!

This will not be the end of my knitting career, though.

I'm still in love with fabulous Avril yarns.

I will master knitting and that is to be my New Year's resolution for 2011!

Watch this space :) 








 

English text follows Japanese.

 

皆さんは「時間がもっとあればいいのに」って思ったことがないですか?


「そうすればやりたいとことが出来るのに」って?


もし答えがイエスなら、あなたもその他大勢のひとり。


時間がないってよく耳にします。


82歳になる私の母でさえ忙しいっていつもこぼしています。


どうしてそんなに忙しいのかしらんと私は思うのですが・・・


謎だわ〜


とにかく、私たちには毎日やらなきゃいけないことが山のよう。


勉強に、仕事に、家族の面倒をみて、家事もやらなきゃ・・・


これも、あれもと忙しいです。


やらなきゃいけないことだらけなのに時間は少し。


「時間がない!」ってぼやいてしまいます。


でも、ちょっと待って!


本当にそうかしら?


私の場合、確かに忙しい時もあります。


だけど、時間がないことを言い訳に使っている時があるのも否定できません。


だって、とどのつまり時間は自分で作るものでしょ?


テレビをぼぉ〜っと見ていたり、私のように目的なしにネットサーフィンをしたりする代わりに(それらが本当にやりたいことだったら話は別ですが)その時間を本当にやりたいことに使うことが出来るはず!


例えば、ずっと読みたいと思っていた最新のベストセラーを読むとか、ヨガを始めるとかね:)


「カギ」は毎日なんとなく行っていることに優劣順位をつけること!


時間の使い方を見直したら誰だって1週間に1、2時間は簡単に空いた時間が作れるはず。


時間を無駄にするのではなく、時間を効率よく好きなことに使うのです!


「時間は誰も待ってくれない」って言うでしょ。


大切な時間を無駄にしないでね。



 

Make Time

Don't you sometimes wish you had more time?

So that you could do the stuff you always wanted to do?

If the answer is yes, you are not the only one.

I often hear people grumble about a lack of time.

Even my 82 years old mother complains how busy she is all the time.

God knows why she is so busy...

A mystery, that is...

Anyway, it seems to me that everyone's life is filled to the brim with whatever they need to do every day.

Studying, working, looking after family, taking care of housework, etc...

"To do list" is a lengthy one.

There're so many things that need to be done and so little time.

"I just don't have time!", you might moan.

But hang on a minute.

Is it really true?

Well, in my case, some of the time I could say I am genuinely busy.

On the other hand, I can't deny that I use lack of time as an excuse, too. 

Ultimately, it is up to us to make time, right?

Instead of vegetating in front of the telly or surfing on the net aimlessly like me, unless that is what you really want to do, you can use the time to do, say, read the latest bestseller you've always wanted to read or take up yoga for instance.

The key is to
prioritise your day.

If you review how you normally spend time, most of us should be able to free up an hour or two per week easily. 

So instead of wasting time, we have a choice to spend time more effectively and to do the stuff we've always wanted :)


Time waits for no one.


Don't let precious gift of time slip away!