qrcode

 English text follows Japanese.

今週末は英国をはじめとしたキリスト教の国々でイースター(復活祭)が祝われています。


キリスト教徒にとって重要なイベントでして、はりつけにされてから3日後にキリストが死から復活したことをお祝いするのです。


しかし、英国ではイースターを楽しみにしているのはキリスト教徒のみでなく、宗教に関係なく伝統として、また春の到来のシグナルとしてみんな心待ちにしています。


特にイースターエッグ(卵型)イースターバニー(ウサギ型)のチョコレート(どちらも中は空洞)をプレゼントしあったり、食べたりする習慣が普及しています。


お正月が終わるとすぐにスーパーの棚に陳列され始めるイースターエッグ。


そして、イースターが近づくにつれ、いたるところで色とりどりのフォイルに包まれたり、綺麗に装飾されたりしたエッグやバニーが店頭に並び、チョコレートの売り上げは急上昇。


まるで、日本のバレンタイン時のようです。


ところで、どうして卵とウサギかと不思議に思われませんか?


卵は「春」と「新しい生命」を象徴するもの。


実はイースターエッグの伝統は非常に古いものでして、キリスト教以前から始まっているそうです。


昔は本当の卵、通常は鶏の卵を固ゆでして、春と明るさを表す鮮明な色に染められたものを使ったとか。


それが現在ではチョコレートの卵になってしまったのですねー。


ではウサギはというと、


ウサギはその繁殖性から「多産の象徴」として知られています。


イースターバニー(ラビット)は実際には日本で一般に知られている小型のウサギではなく、「ヘア」と呼ばれる大型のウサギだったのかもしれません。


アングロサクソンの伝説によると、サクソンの女神「エオストル」はある日傷ついた鳥をみつけ、無事に冬が越せるようにこの鳥をウサギに変身させたとか。


このウサギ、自分が卵を産めることを知り、それから毎年春に自分が産んだ卵を装飾して女神にお供えしたそうです。


英国ではいい子にしているとイースターバニーから卵(チョコレート)を貰えると子供たちが信じています。


これらの卵はイースターバニーによって家の中や庭に隠されているそうです。


ちなみにイースターデーは毎年変動しまして、春分直後の初めての満月後の日曜日になります。


今年はそれが今日、4月12日に当たるのです。


イースター休暇は4月10日(グッドフライデー)に始まって4月13日(イースターマンデー)まで続きます。


宗教にはまったく無関心の私ですが、大好物のチョコレート(エッグやバニー)目当てに今年もイースターを楽しみにしていました:)


ハッピー・イースター!

 



The Easter Eggs and Bunnies

 

This weekend is Easter holiday in the UK along with many other Christian countries around the world.


Easter is an important annual festival for Christians to celebrate Christ’s resurrection from his death three days after his crucifixion.


In the UK, it is, however, eagerly anticipated by not only Christians, but also non Christians alike as a part of tradition and a signal for the beginning of spring.


The tradition of exchanging and eating the Easter eggs and bunnies both made of chocolate is especially popular there.


Soon after New Year, you would notice chocolate Easter eggs start appearing in supermarkets’ shelves.


Towards the actual holiday, you would find the eggs and bunnies wrapped in
colourful foils and beautifully decorated at shops everywhere and the sale of chocolates shoots up, well, just like St Valentine’s Day in Japan.


But don’t you wonder why eggs and bunnies?


Well, eggs are a symbol of spring and new life after all.


The Easter eggs are a very old tradition started well before Christianity.


Before they were replaced by chocolate Easter eggs, real eggs were used, usually chicken eggs.


They were hard-boiled and dyed in bright
colours that represent spring and light.


And bunnies?


Rabbits, due to their fecund nature, have always been a symbol of fertility.


The Easter bunny (rabbit), however, may actually be an Easter hare.


According to an Anglo-Saxon legend, the Saxon goddess Eostre found a wounded bird and transformed it into a hare, so that it could survive the winter.


The hare found it could lay eggs, so it decorated these each spring and left them as offering to the goddess.


In the UK, children believe that if they are good, the Easter bunny will leave (chocolate) eggs for them.


These eggs are said to be hidden about the home or garden by
the Easter bunny.


By the way,
Easter occurs at a different time each year – Easter Day falls on the first Sunday after the full moon day on or after the vernal equinox.


This year, Easter Day is today, 12th April and the holiday and celebration actually started from Good Friday which was 10th April and ends on 13th April, Easter Monday.


Well, I’m not into religion, but do enjoy eating the Easter eggs and bunnies :)


Happy Easter!