qrcode

 English text follows Japanese.

私はヨガを教える以外にヨガワークショップで通訳をすることもあります。


先日、友人のインストラクターが大阪のスタジオで行ったワークションプで通訳を担当しました。


正しい呼吸法とバンダを使って「背骨を覚醒させよう!」というワークショップで素晴らしい内容でしたよー:)


参加者からも好評で、ワークショップ終了後のみんなの反応や感想からすると、感銘を受けたこと間違いなし。


このワークショップ、「メッタ・メディテーション(慈悲の瞑想)」で締めくくられたのですが、今日はこの瞑想についてお話ししたいと思います。


「メッタ」とは最古の仏教経典で使われた言語「パリ語」「慈悲の心」という意味です。


この瞑想では自分自身へはもちろん、人種、宗教、社会的階級や「人間」という枠組みさえ越えて、この世界に生きとし生けるものすべてへの無条件で深い「慈しみの心」を育てます。


一定の言葉を反復することで友情、非暴力、そしてすべての生きものへの幸福と健康を強く願う気持ちといった、無限の心暖かさが引き起こされるのです。


では実際どのようにこの瞑想をするのかというと、


メッタでは「いざこざ、苦しみ、悩み、悲しみを感じることなく幸せに生きる」という普遍的な願いを念じます。


伝統的には、はじめに自分に対してこれらの願いを捧げ、次に愛する人、家族、友人、同僚、知人などに対して願いを捧げるのです。


念じる際に、その人(たち)の顔をイメージして言葉を反復します。


そして、最後にこの世界に生きとし生けるものすべてに対して念じます。


心を込めて念じる言葉は、


私は安全で守られていますように


私は平和で幸せでありますように


私は健康でありますように


私は悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


そして、


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)安全で守られていますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)は平和で幸せでありますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)は健康でありますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


そして最後に、


この世に生きとし生けるものすべては安全で守られていますように


この世に生きとし生けるものすべては平和で幸せでありますように


この世に生きとし生けるものすべては健康でありますように


この世に生きとし生けるものすべては悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


この瞑想はいつでもお好きな時にお好きなだけおこなってください。


また、座っておこなってもいいですし、歩きながら(出来れば行き先の目的なく)おこなってもかまいません。


初めてこの瞑想を前述のワークショップでおこなった時、溢れるような「愛」と幸せで胸がいっぱいになりました。


心の奥底から暖かさとしびれるような感覚が身体中に広がったのです。


そして自分の中に「安らぎ」を感じました。


みなさんもこの瞑想を試されますように。


そして心の奥底からの「平和」を見つけられますように。



 

Metta Meditation

 

Apart from teaching yoga, I occasionally act as an interpreter for yoga workshops.


The other day, I interpreted a wonderful workshop taught by my friend and fellow yoga teacher at a yoga studio in Osaka.


The workshop was about awakening spines using a proper breathing technique and bandhas.


It was well received by the students and no doubt they were truly inspired judging by everyone’s reactions and feedback at the end of the workshop :)


The workshop was concluded by Metta Meditation and about this meditation I would like to write today.


“Metta” means loving kindness in “Pali” which is the language of the earliest existing Buddhist scriptures.


In this form of meditation, the practitioners develop a deep and unconditional love for themselves and all living being in this world regardless of race, religion, social class and even the boundaries of humanity.


By reciting the specific words and phrases repetitively, they evoke the boundless warm-hearted feeling – friendship, non violence and a strong wish for happiness and well-being of others.


So how do we do this?


In Metta practice, we offer up universal wishes – to live happily and to be free from hostility, affliction, and distress.


Traditionally, we begin by offering these to ourselves, then to any or all of the following categories of people - our loved ones, family, friends, colleagues and people associated with us in any form.


Each time we recite the offerings, we picture an image of the person we are offering the wishes.


And finally, we offer the wishes to all living beings of this world.


So we begin like this;


May I be safe and protected.


May I be peaceful and happy.


May I be healthy and strong.


May I have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


Then,


May he/she be safe and protected.


May he/she be peaceful and happy.


May he/she be healthy and strong.


May he/she have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


Finally,


May all living beings be safe and protected.


May they be peaceful and happy.


May they be healthy and strong.


May they have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


We can do this any time of the day and any length of time.


We can do this sitting in meditation or walking (preferably without a particular destination).


First time I tried this meditation during the aforesaid workshop, I was filled with such love and happiness.


I felt the warmth and tingling sensation spreading from my heart and reaching everywhere.


Then I was at peace with myself.


Hope you will try this and find peace from within.