qrcode

 English text follows Japanese.

先日BBCワールドサービスのラジオを聴いていると、飛行機事故についての番組放送されていました。


内容が暗いって?


確かにそうですね。


でも、是非この続きを読んで頂きたいと思います。


番組中に飛行機事故の生存者二人のインタビューが流されまして、
まず一人目は先日ニューヨーク、ハドソン川で起こった墜落事故生存者である男性。


この事故では
奇跡的に乗客、乗員全員無事だったのがまだ記憶に鮮明に残っています。


もう一人は
女性で14年程前に起こった墜落事故の生存者。


不幸にも
この女性の両親を含む160名もの犠牲者が出た大事故で、生存者はたったの4のみ。


運命の日、メルセデスは両親と共にマイアミ発のアメリカン航空のフライトに搭乗していました。


この飛行機はコロンビアに向かっている途中、アンデス山脈に墜落することになったのです。


事故の原因は人的ミス− パイロットが間違ったコードをフライトのコンピュターシステムに入力してしまったため、墜落地
となる山脈への航路をとってしまったのでした。


正しいコードさえ入力されていたら、この悲劇は避けられたのです。


事故の原因を知って怒りを覚えたかと訊かれたら、彼女の答えは、


「勿論です。長い間非常に強い怒りを感じていました。」


でも、やがて「怒り」の感情を解き放すことをマスターしたそうです。


誰も起こそうと思って、事故を起こした訳ではないということを認めることが出来たそうです。


パイロットの人的ミスが事故原因ですが、意図的にミスを犯した訳じゃないと。


彼女曰く、「死ぬまで怒りの気持ちを抱えて生きていくことも出来たけど、そうしないことを選んだの。」


事故直後の記憶について尋ねられたら彼女は、


「墜落後、意識が戻ったら私は既に息絶えた人たちに囲まれていました。」と答えました。


彼女は必死に「神様、どうかもう一度生きるチャンスを与えて下さい」と祈ったそうです。


そして彼女は大怪我を負いながらも無事生き残ることが出来たのでした。


これほどの大事故を経験すると、人生観が変わってしまうのは当たり前。


セカンドチャンス−やり直しのチャンス」と言えば、使い古された言葉かもしれませんが、彼女が言えば信じられるでしょ?


彼女の次の言葉が印象的でした。


「私たちは毎日やり直しのチャンスを与えられているのよ。」


彼女の人生観はタントラヨガの教えに共鳴するものがあります。


実際彼女がタントラ哲学に精通しているのかは分かりませんが・・・


タントラは5世紀にインドで発展し8世紀から12世紀にかけて飛躍的な広がりをみせました。


ベダンタといった他のヨガ哲学世界を「苦難の場」と捉えていますが、それらと違ってタントラの思想は「世界は自分を高める場所」としています。


だからといってタントラはこの世に苦難があることを否定している訳ではありません。


苦難は確かに存在しますが、私たちは「目を開く」こと、つまり別の見解から状況を判断する選択肢をもっており、そうすることによって苦難を何か肯定的なものにつなげることが出来ると教えています。


メルセデスの言葉にもう一度戻りますが、彼女は私たちにこう問いかけています。


毎朝目覚めたら貴方はやり直しのチャンスを与えられているのよ。


貴方はそのチャンスをどう活かすの?


 

Second Chance

 

I was listening to BBC World Service Radio the other day.


A topic of the
programme of the day was a plane crash.


Sounds depressing?


Yes, it is a rather depressing subject, but do read on…


Anyhow, a couple of plane crash survivors were interviewed during the
programme.


One was a gentleman who survived the recent air disaster in Hudson River, New York in which miraculously no one lost their lives.


The other was a lady who was one of only four survivors of a plane crash which happened almost 14 years ago.


In this instance, tragically 160 people perished including her parents.


On the fatal day, Mercedes and her parents were on board American Airlines flight from Miami which crashed into the Andes on the way to Colombia.


This crash was caused by human error – the pilot entered the wrong code into the flight computer system that led the plane to the path of a mountain, the crash site.


The disaster could have been easily avoided if only the right code had been entered.


The interviewer asked her if she was angry when she found out the cause of the crash.


Her answer was yes, she was very angry for a long time and then eventually she learnt to let go her anger.


She
came to an acceptance that no one wanted to cause the crash.


Although it was caused by the pilot’s error, he did not make the error on purpose.


She said that she could have remained embittered for the rest of her life, but chose not to.


Then the interviewer asked her about the aftermath of the crash.


When she regained her consciousness immediately after the crash and
realised that she was surrounded by unmoving bodies, she said she desperately prayed for God to give her a second chance.


Despite her horrific injuries, ultimately she pulled through and recovered.


An experience of this magnitude would change anyone’s perception of life forever.


Second chance” sounds so cliché, however, when you hear it from someone who has gone through the extraordinary circumstances like her, you can believe in it, can’t you?


I find her next words truly inspiring.


She says every day is like a second chance given all over again.


For me, her attitude to life resonates with the teaching of Tantra Yoga.


I don’t know whether she is familiar with the philosophy, though.


Tantra was first developed in the 5th Century and flourished in the 8th to 12th Century in India.


Its concept of the world as a place to raise ourselves is vastly different from the views of other yoga traditions such as Vedanta that consider the world as a place of suffering.


This does not mean that Tantra denies the existence of suffering in this world.


Rather its perception is that suffering could lead to something positive as we have a choice to see it differently by opening our eyes.


This brings back to Mercedes’ words once again.


Every morning when you wake up, you have been given a second chance.


The question is what are you going to do with it?