qrcode

 English text follows Japanese.

チャパティは、場所によってはロティとも呼ばれますが、発酵させずに作る薄くて平らなインドのパン


インド
大陸では主食の一つでほとんどのお料理と一緒に出されます。


5年前にインドに行った時、
私はティナというとてもチャーミングなインド人女性が主催するインド料理のクラスに何度か参加しました。


マイソールで
彼女はご主人と一緒にヨギだけでなく、地元の人たちにもとても人気があるカフェとレストランを経営しています。


そのインド料理のクラスで私はチャパティの作り方を教わり
ました。


チャパティは作るのがとっても簡単!


パン種は粉と水で作
り、それを分けてゴルフボールくらいの大きさに丸めます。


あとはめん棒で薄くのばし、フライパンで焼くだけ。


お好みでパン種にお塩を少し加えてもOK。


また、ギー
(澄ましバター)か油を少し加えたら、柔らかいパンが出来あがります。


伝統的には「アタ」という粉を使ってチャパティを作るようでして、このアタ粉が手に入れば一番
美味しくチャパティが出来上がります。


アタは特別な全粒粉で、硬いデュラム小麦
非常に細かく挽いて作ります。


日本で
入手出来るのでしょうか?


難し
そうですよね。


でも、ご心配なく!


普通の全粒粉を使っても美味しく出来るので大丈夫です:)


言うまでもなく、チャパティはカレーと一緒に食べたら最高です。


でもそれだけでなく、朝御飯として食べてもいいし、お好みのサンドイッチの具を中に包み込んだり、シンプルにギーをぬったりしてスナックとして食べても美味しいですよ〜。


ちなみに私のお気に入りはというと、


焼きたてのチャパティにギーをぬってジャガリ(椰子糖)をふりかけて食べるか、


同じく焼きたてのチャパティにピーナッツバターをぬって蜂蜜をとろりとかけて食べることです。


どちらもチャパティをパンケーキのように巻いて食べます。


うっま〜。


チャパティの作り方


材料(チャパティ10枚分)


アタ粉または全粒粉 250グラム

ギーまたは油 大さじ1(好みで)

塩 小さじ1(好みで)

水 約150ミリリットル

 

作り方


粉をふるいにかけてボールに入れる。


お好みでギー又は油を加え粉と良く混ぜ合わせる。


お好みで塩を加える。


粉の真ん中にくぼみを作り、少しずつ水を加えてこね、パン種を作る。


濡れ布巾をパン種にかぶせて30分ほど置いておく。


ゴルフボールの大きさのパン種をとり、手のひらで丸める。


別のボールに粉(分量外)を入れて、その中で丸めたパン種を粉に押し付けて平たくする。


両面に粉をつけて、めん棒でのばし、薄くて平らなチャパティを作る。


フライパンかグリルパンを熱し、中火にする。


チャパティを片面1015秒ほど焼き、焼き色(茶色の斑点)がつく前にひっくり返す。


もう片面を1分ほど、茶色の焼き色(斑点状)がつくまで焼く。


チャパティを常に(キッチンペイパーか乾いた布巾を使って)動かすことでフライパンにくっつかないようにする。


最後に最初に焼いた面にひっくり返し、1分ほど焼く。


この段階で完璧なチャパティは風船のように膨らみ始めるはず。


キッチンペイパーか乾いた布巾で膨れた部分にたまった空気を押さえつけると空気がチャパティの真ん中を移動して全体的に膨らむようになりますよ。


または、チャパティの最初に焼いた面を直火で5秒から10秒ほど焼くと風船のようにチャパティが膨らみます。


膨らんだら出来上がり。


 


Chapati                

 

Chapati, sometimes called roti, is a thin, unleavened flat Indian bread.


It is a staple food in the Indian subcontinent, and is served with almost all meals there.


When I was in India 5 years ago, I attended several Indian cookery classes run by lovely Tina.


She and her husband own a café and a restaurant in Mysore, and their eateries are very popular amongst yoga students as well as locals.


Anyway, I learnt to make chapatis during one of her classes.


Chapati is actually one of the easiest bread to make.


The dough is made with flour and water, and then small balls of dough, about the size of golf ball each, are rolled out thin and cooked on a griddle or a skillet.


You can add a little bit of salt to the dough.


Also a small amount of ghee (clarified butter) or oil can be added to the dough, and this will make the bread tender.


Traditionally “atta” flour is used for the bread, so if you can get hold of it, it will make the best chapatis.


Atta is a special kind of whole wheat flour, made from hard durum wheat that is very finely grounded.


Do not worry if you can’t find atta flour, as ordinary whole wheat flour can make good chapatis, too.


Needless to say, chapatis are great accompaniment to curries.


They are also terrific for breakfast and a snack – wrap around sandwich fillings of your choice or simply spread a little bit of ghee and eat it!


My
favourite ways of eating chapati are:


Spread a little bit of ghee over a freshly made still warm chapati and sprinkle jaggery on the top.


Or spread a generous amount of peanut butter and drizzle honey over it.


Either way, roll up a chapati like a pancake and enjoy!

 

How to make chapati


Ingredients: (makes 10 chapatis)


250g atta flour or whole wheat flour

1 tbsp ghee (clarified butter) or oil (optional)

1 tsp salt (optional)

about 150ml water

more flour for dusting

 

Method:


Shift the flour into a mixing bowl.


Add oil or ghee to the flour (optional), and mix well until the oil is incorporated.


Add salt to the mixture (optional).


Make a depression in the middle and add water, a little at a time, and knead the flour to make a dough.


Cover the dough with a wet cloth and rest it for 30 minutes.


Now take a small portion of the dough (about the size of golf ball) and roll it into a smooth ball between your palms.


Flatten the ball by pressing it in a separate bowl of flour.


Dust the flat dough liberally on both sides with the flour and roll it out on a flat surface to make a thin and flat chapati.


Heat a griddle or a skillet and reduce the heat to medium.


Cook the rolled out chapati on one side for about 10 – 15 seconds and flip it over before you start to see big brown spots.


Cook on the other side for about 1 minute or until you see brown spots to indicate the chapati is cooked on this side.


Keep turning the chapati on the griddle so that it does not stick.


Finally, flip the chapati again on the first side and finish cooking for another minute or so.


At this stage, a perfect chapati will start to balloon.


This process can be helped along by gently pressing on the bread with a dry cloth.


Gently press down on a large bubble forcing the bubble to extend itself wider.


Alternatively, you can place the first side on a direct flame for 5 – 10 seconds to balloon the chapati.


Remove the chapati when ballooned and cooked.