qrcode

 

English text follows Japanese.


ヨガには相当な数のポーズがありまして、古い教典によると数百万のポーズが存在するということは以前ブログでもご紹介しましたよね。


それらのポーズを大まかに分けると立ちポーズ、前屈、後屈、逆さのポーズ、元気回復のポーズといった5グループに分けることが出来ます。


その中でも前屈と後屈のポーズに焦点を当てますと、殆どの人はどちらかやり易い方があるようです。


ちなみに私の場合は断然前屈派:)


勿論、中には前屈も後屈もスイスイ出来ちゃうゴムのような身体の持ち主もいらっしゃいますが・・・


私が練習するアシュタンガヨガではプライマリーシリーズから始まって、セカンド、サードと続いてシックスシリーズまで、6つのシリーズ(シークエンス)があります。


プライマリーシリーズは前屈系のポーズが多く、セカンドシリーズの前半は後屈系のポーズが続きます。


典型的な前屈派の私はハムストリング
(大腿屈筋群 - 太腿の裏側の筋肉群)に柔軟性がありましてー、私が「プライマリーシリーズのポーズが好き」と言ってもみなさんは驚かないでしょ?


一方、私の肩は自然と前かがみで後方に余り開いてくれないし、おまけに私の脊柱は物差しのごとく真っ直ぐ。


普通は頚椎から腰椎までゆるやかな逆S字型を描いているのにね。


特に胸椎ときたらまるで板のよう・・・


動きが超限られているのです。


とにかく、硬〜い肩関節と胸椎のダブルパンチでセカンドシリーズに登場するカポタサナといった深い後屈のポーズは私にとって非常にチャレンジング。


でも、ヨガ初心者や、前屈や後屈のポーズで苦しんでいるみなさん、絶望しないで!


根気良く練習を続けていけば必ず筋力や柔軟性が身につき、少しずつ苦手なポーズが出来るようになります!


つい、これは出来るけど、あれは出来ないとかに拘ってしまいがち。


出来ないポーズがあれば焦ったり、イライラしたり、落ち込んだり・・・


私も同じです。


もし、エゴにチャンスを与えたらね。


だけど、私たちがヨガを始め、続けている理由は、ヨガをするのが好きだからでしょ?


ヨガが心身ともに心地よさを与えてくれるからだよね?


よく本で見かけるような美しいウールドヴァ・ダニュラーサナ
(上向きの弓のポーズ)が出来なくても大丈夫!


完璧じゃなくても、胸が大きく開いて、ポーズからエネルギーをもらえるでしょ?


パシュチモターナーサナ
(前屈のポーズ)で額が脚につかなくてもOK!


ボルスターや丸めた毛布を太腿に置いて額が届くようにすればいいのよ。


そうすれば、額が支えられて心が穏やかになるでしょ?


エゴを捨てて、自分の限界をポジティブなものに変えていこうよ。


何よりもヨガを楽しもう

 

Forward bender or back bender?

 

There are many yoga poses, literally millions, according to old scriptures.


We can roughly
categorise these poses into 5 groups which are standing poses, forward bending poses, back bending poses, inversions and recuperating poses.


If we just focus on forward bends and back bends, most of yoga
practitioners find one is relatively easier than the other.


In my case, the former is definitely easier than the latter.


Of course, there always is an exception and some super flexible yogis with the body like a rubber can do both equally well.


In Ashtanga Yoga which I love to practice has six series, starting from Primary Series, Second Series, Third, Forth and so on.


Primary Series has a succession of forward bending poses, while Second Series follows numbers of back bending poses in the beginning.


As a typical forward bender, I am endowed with flexible Hamstrings.


Thus, unsurprisingly, I like the poses in Primary Series.


On the other hand, I was born with tight shoulders which limit the range of movements as well as a rod like spine with hardly any natural curves to it. 


My thoracic spine, especially, is almost rigid and not much movement there.


As a result of the combined tightness in both shoulders and thoracic spine, I find extreme back bends such as Kapotasana in Second Series challenging, to say the least.


However, yoga novice and those who struggle with either forward bends or back bends or any other poses never despair!


With perseverance and committed practice, you will gain the flexibility and strength and your practice will improve in time.


I know it is very easy to be caught up with what you can do and what you cannot do.


And if you cannot do, you get frustrated.


Believe me, I’m the same, if I let my ego win.


Always remember that we all took up yoga because we enjoy practicing it!


Because yoga makes us feel great!


It doesn’t matter if you cannot do perfect Urdhva Dhanurasana.


The pose still
opens your heart and energises you.


It doesn’t matter if your forehead doesn’t touch your legs in Paschimottanasana.


Place a bolster or folded blankets on your thighs so that your forehead rest on them.


The pose still calms your mind.


Just let go of your ego and embrace your limitations.


And most of all enjoy your practice!