qrcode

 

English text follows Japanese.


私にとって5感の中で一番重要なのは視覚です。


形やきめなど視覚で捉えられる要素はたくさんありますが、それらの中でも感覚へのインパクトが最も強いものが「色彩」です。


私にはひとつひとつの「色」が何かを象徴しているように思えるのです。


例えば「青」は晴れ渡った空や深海を象徴します。 


また、涼しさや穏やかさも表します。


一方「緑」と言えば、森林や果てしなく続く英国の丘陵をイメージします。


このように「色」を思い浮かべれば、それに関連したイメージが頭に浮かぶのです。


「国」にもそれぞれの国を的確に表現する色が私にはあります。


例えば、緑、灰色、そして青が英国を表す色たち − 芝生の緑、半永久に続く灰色の冬空、そして稀に太陽が姿を現した時の輝かしい青空の色。


そして、薄いピンク色、青、赤や黄色、白が日本の色・・・


春の桜、夏の透き通るような青空、秋の紅葉の色、そして冬の雪を表す色たちです。


ではどの色がインドを表現する色だと思いますか?




答えは色という色すべて。


赤、緑、青、ピンク、紫、オレンジといった全ての鮮やかな色たちです。


皆さんもインドで「ホリ」を経験すれば私の言っている意味が分かる筈。


「ホリ」とは別名「色のフェスティバル」と呼ばれるヒンドゥー教のお祭りで、毎年春に開催されます。


カラフルな色粉を互いに投げつけたり、色の付いた水をかけあったりして祝われます。


全身いろんな色が混ざり合って小汚くなってしまう覚悟が必要です!


「ホリ」に関する伝説は多々ありますが、その起源は悪戯好きなクリシュナがゴピ(乳搾りの女性)たちに色の付いたお水をかけたのが始まりだと言われています。


それがホリの悪ふざけとゲームに進展したとのことです。


確かに服は汚れてダメになるし、顔や体に付いた色は数日間落ちずにそのまま・・・


でも、全ては悪気のないお遊び感覚で行われ、誰もが羽目をはずして最高に楽しめますよ!

 



Colours
of India

 

In my opinion, the visual sense is the most important of all five senses.


There are many factors which affect our visual sense such as shapes and textures.


Among these,
“colours have the strongest impact to my senses.


Each
colour symbolises something for me.


For instance, “blue”
symbolises the clear sky and the deep oceans.


It also represents coolness and serenity.


Colour
“green”, on the other hand, symbolises the forest and the rolling hills of England.


In this fashion, when I think of
colours, the associated visual image will automatically pop up in my mind.   


For me, each country has
colours that epitomise the country.


Green, grey and blue are the
colours for England – green of the grasses, the grey sky of semi-perpetual winter and the blue of the sky in the rare occasion that the sun decides to show up.


Pale pink, blue, red & yellow and white are the
colours for Japan – pale pink of the cherry blossoms, blue of the summer sky, red & yellow of the autumn leaves and white of the winter snow.


And which
colours do you think represent India?


The answer is “multi
-colours” – red, green, blue pink, purple, orange and any other vibrant colours that exist in the world!


If you ever experience “Holi” in India, you will understand what I mean.


“Holi” or the “Festival of
Colours” is a popular Hindu festival held in spring.


It is celebrated by people throwing
coloured powder and coloured water at each other.


Can be very messy business :)


There are several legends connected with Holi.


Its origin, however, was believed to lie with mischievous
Krishna who threw coloured water over the gopis (milkmaids), and this developed into the practical jokes and games of Holi.


Your clothes will be certainly ruined and you might sport
colourful marks on your face for a few days.


But all is done with good nature and I’ll guarantee you it is great fun!








English text follows Japanese.

私の大好きな飲み物のひとつに「ラッシー」があります。


ラッシーとはヨーグルトと水をミキサーにかけて混ぜ合わせた飲み物でお塩やスパイスを加えて、又は甘みをつけていただきます。


マンゴーやバナナといった果物をヨーグルト、水と一緒にミキサーにかけて、フルーティーなラッシーもなかなかです。


ラッシーはもともとインドの飲み物で、そこでは非常に人気があります。


冷たくしていただくので暑い気候にぴったり!


インドのマイソールではいろんなレストランやカフェで美味で、何よりも重要ですが、お腹に安全なラッシーを楽しめます。


それらの場所の中でも、「スリー・シスターズ」のラッシーが何と言っても一番美味!


スリー・シスターズの名前の由来ですが、ずばり3人姉妹で経営しているから。


場所はマイソールのラクシミプーラム地域にあります。


彼女たちは自分の家を世界中から集まったヨギに開放し、健康的で栄養価の高い食事と極上のマッサージを提供しています。


そこではいろんなフレーバーのラッシーが楽しめて、どれを試してもとっても美味!


その中でも超美味なのが、


バナナ・ココナッツ・チョコレート・ラッシー


材料をすべてたくさんの氷と一緒にミキサーにかけたら、フローズンスタイルのラッシーの出来上がり:)


飲むっていうより、スプーンで食べちゃいます。


本当に美味しいんだから!


マイソールを訪れた際は是非試していただきたいです。


残念ながらこのラッシーの正確なレシピはわかりませんが、以下の材料で似たようなものが出来ます。


バナナ・ココナッツ・チョコレート・ラッシー(1人)


バナナ12

高品質のダークチョコレート25

製菓用の乾燥ココナッツ(フレッシュなココナッツが手に入ればベター)大匙12

プレーンヨーグルト100

(1015キューブ)


材料すべてをスムーズになるまでミキサーにかけるだけ。


超簡単!


お試しあれ!



Banana, Coconut and Chocolate Lassi

 

One of my most favourite drinks is “lassi”.


Lassi is a drink made from curd (yoghurt) and water blended together and you can have it salty, spicy or sweet.


Fruits such as mango and banana can be blended with yoghurt and water to make it fruity, too.


Lassi is very popular in India where it originates from.


It is served chilled and perfect for hot weather!


There are many restaurants and cafes in Mysore, India where you can enjoy delicious and, the most importantly, safe (to drink) lassis.


Among these places, “Three Sisters” serves, in my opinion, by far the best lassis in town.


The place is called “Three Sisters” simply as it is run by three lovely local sisters in Lakshmipuram area of Mysore.


Basically, they open up their house to yoga students for healthy and nutritious meals as well as terrific massages.


The place offers lassis in many different
flavours and they are all utterly delicious.


BUT the lassi to die for is…


Banana, coconut and chocolate lassi!


All the ingredients are
whizzed up in a blender with loads of ice, so the end result is a frozen style lassi – you can eat it with a spoon!


Believe me, it is pure heaven :)


You’ve got to try it if you ever visit Mysore.


Unfortunately, I don’t have the exact recipe for it, but I can create near enough lassi with the following ingredients and method.


Banana, Coconut and Chocolate Lassi (Serve One)


1-2 bananas

25g good quality dark chocolate

1-2 tbsp desiccated coconut (use fresh coconut, if you can)

100g plain yoghurt

ice cubes (10 -15 cubes at least)


Place all the ingredients in a blender and simply whiz them up until smooth.


Enjoy!!!








 English text follows Japanese.

チャパティは、場所によってはロティとも呼ばれますが、発酵させずに作る薄くて平らなインドのパン


インド
大陸では主食の一つでほとんどのお料理と一緒に出されます。


5年前にインドに行った時、
私はティナというとてもチャーミングなインド人女性が主催するインド料理のクラスに何度か参加しました。


マイソールで
彼女はご主人と一緒にヨギだけでなく、地元の人たちにもとても人気があるカフェとレストランを経営しています。


そのインド料理のクラスで私はチャパティの作り方を教わり
ました。


チャパティは作るのがとっても簡単!


パン種は粉と水で作
り、それを分けてゴルフボールくらいの大きさに丸めます。


あとはめん棒で薄くのばし、フライパンで焼くだけ。


お好みでパン種にお塩を少し加えてもOK。


また、ギー
(澄ましバター)か油を少し加えたら、柔らかいパンが出来あがります。


伝統的には「アタ」という粉を使ってチャパティを作るようでして、このアタ粉が手に入れば一番
美味しくチャパティが出来上がります。


アタは特別な全粒粉で、硬いデュラム小麦
非常に細かく挽いて作ります。


日本で
入手出来るのでしょうか?


難し
そうですよね。


でも、ご心配なく!


普通の全粒粉を使っても美味しく出来るので大丈夫です:)


言うまでもなく、チャパティはカレーと一緒に食べたら最高です。


でもそれだけでなく、朝御飯として食べてもいいし、お好みのサンドイッチの具を中に包み込んだり、シンプルにギーをぬったりしてスナックとして食べても美味しいですよ〜。


ちなみに私のお気に入りはというと、


焼きたてのチャパティにギーをぬってジャガリ(椰子糖)をふりかけて食べるか、


同じく焼きたてのチャパティにピーナッツバターをぬって蜂蜜をとろりとかけて食べることです。


どちらもチャパティをパンケーキのように巻いて食べます。


うっま〜。


チャパティの作り方


材料(チャパティ10枚分)


アタ粉または全粒粉 250グラム

ギーまたは油 大さじ1(好みで)

塩 小さじ1(好みで)

水 約150ミリリットル

 

作り方


粉をふるいにかけてボールに入れる。


お好みでギー又は油を加え粉と良く混ぜ合わせる。


お好みで塩を加える。


粉の真ん中にくぼみを作り、少しずつ水を加えてこね、パン種を作る。


濡れ布巾をパン種にかぶせて30分ほど置いておく。


ゴルフボールの大きさのパン種をとり、手のひらで丸める。


別のボールに粉(分量外)を入れて、その中で丸めたパン種を粉に押し付けて平たくする。


両面に粉をつけて、めん棒でのばし、薄くて平らなチャパティを作る。


フライパンかグリルパンを熱し、中火にする。


チャパティを片面1015秒ほど焼き、焼き色(茶色の斑点)がつく前にひっくり返す。


もう片面を1分ほど、茶色の焼き色(斑点状)がつくまで焼く。


チャパティを常に(キッチンペイパーか乾いた布巾を使って)動かすことでフライパンにくっつかないようにする。


最後に最初に焼いた面にひっくり返し、1分ほど焼く。


この段階で完璧なチャパティは風船のように膨らみ始めるはず。


キッチンペイパーか乾いた布巾で膨れた部分にたまった空気を押さえつけると空気がチャパティの真ん中を移動して全体的に膨らむようになりますよ。


または、チャパティの最初に焼いた面を直火で5秒から10秒ほど焼くと風船のようにチャパティが膨らみます。


膨らんだら出来上がり。


 


Chapati                

 

Chapati, sometimes called roti, is a thin, unleavened flat Indian bread.


It is a staple food in the Indian subcontinent, and is served with almost all meals there.


When I was in India 5 years ago, I attended several Indian cookery classes run by lovely Tina.


She and her husband own a café and a restaurant in Mysore, and their eateries are very popular amongst yoga students as well as locals.


Anyway, I learnt to make chapatis during one of her classes.


Chapati is actually one of the easiest bread to make.


The dough is made with flour and water, and then small balls of dough, about the size of golf ball each, are rolled out thin and cooked on a griddle or a skillet.


You can add a little bit of salt to the dough.


Also a small amount of ghee (clarified butter) or oil can be added to the dough, and this will make the bread tender.


Traditionally “atta” flour is used for the bread, so if you can get hold of it, it will make the best chapatis.


Atta is a special kind of whole wheat flour, made from hard durum wheat that is very finely grounded.


Do not worry if you can’t find atta flour, as ordinary whole wheat flour can make good chapatis, too.


Needless to say, chapatis are great accompaniment to curries.


They are also terrific for breakfast and a snack – wrap around sandwich fillings of your choice or simply spread a little bit of ghee and eat it!


My
favourite ways of eating chapati are:


Spread a little bit of ghee over a freshly made still warm chapati and sprinkle jaggery on the top.


Or spread a generous amount of peanut butter and drizzle honey over it.


Either way, roll up a chapati like a pancake and enjoy!

 

How to make chapati


Ingredients: (makes 10 chapatis)


250g atta flour or whole wheat flour

1 tbsp ghee (clarified butter) or oil (optional)

1 tsp salt (optional)

about 150ml water

more flour for dusting

 

Method:


Shift the flour into a mixing bowl.


Add oil or ghee to the flour (optional), and mix well until the oil is incorporated.


Add salt to the mixture (optional).


Make a depression in the middle and add water, a little at a time, and knead the flour to make a dough.


Cover the dough with a wet cloth and rest it for 30 minutes.


Now take a small portion of the dough (about the size of golf ball) and roll it into a smooth ball between your palms.


Flatten the ball by pressing it in a separate bowl of flour.


Dust the flat dough liberally on both sides with the flour and roll it out on a flat surface to make a thin and flat chapati.


Heat a griddle or a skillet and reduce the heat to medium.


Cook the rolled out chapati on one side for about 10 – 15 seconds and flip it over before you start to see big brown spots.


Cook on the other side for about 1 minute or until you see brown spots to indicate the chapati is cooked on this side.


Keep turning the chapati on the griddle so that it does not stick.


Finally, flip the chapati again on the first side and finish cooking for another minute or so.


At this stage, a perfect chapati will start to balloon.


This process can be helped along by gently pressing on the bread with a dry cloth.


Gently press down on a large bubble forcing the bubble to extend itself wider.


Alternatively, you can place the first side on a direct flame for 5 – 10 seconds to balloon the chapati.


Remove the chapati when ballooned and cooked.








 

English text follows Japanese.


ギーとは澄ましバターの一種で、加熱することによってバターから水分、糖分、蛋白質を取り除いたものです。


インドの古代から伝わる療法、アユールヴェーダによると、ギーはもっとも健康を促進してくれる食品の一つであるとか・・・


ギーはアユールヴェーダの治療やお料理にインドでは幅広く使われています。


また、聖なるもの縁起がいいものとされ、ギーはインド中で宗教の儀式にも使われます。


英国ではインド料理が非常にポピュラーで、最近ではカレーが人気ナンバーワンのお料理になっているようです。


かくいう私もインド料理の大ファン!


今までに何度も超美味なインド料理をレストランやテーク・アウェイ、また自分でも作って(この場合はそこまで美味しいとは言えませんが・・・)堪能してきました。


勿論、英国ではギーは簡単に手に入ります。


私もロンドン宅のキッチンにギーを常備していたものです。


ということで、私はインドに行く前からギーを使ってはいましたが、インド料理に使うという用途しか知りませんでした。


5年前の話ですが、インド滞在中にホットミルクにギーを少し混ぜて飲むと「ヨガの練習のヘルプになるよ」と勧められましてー。


ギーが関節を滑らかにしてくれるという論理からです。


ゆえに、ヨガのポーズがもっと深くなるという訳です。


なんとなく、頷けるでしょ?


インド滞在中は毎晩ホットミルクにギーを少し混ぜて飲むことが習慣になりましたよ。


それでヨガの練習に何らかの変化があったかって?


答えはノー。


でも、この飲み物、非常に癒してくれるのですよー。


だから毎晩飲み続けていました。


睡眠を促してくれますし・・・


多分、もう少し飲み続けていたらヨガの練習に変化があったのかもしれません。


でも、なかったかもね・・・


とにかく、このギー入りのホットミルクを飲む習慣はとっくの昔に忘れ去られておりましたが、最近そのことを思い出し、めちゃ恋しくなってきたのです。


だけど、残念ながら日本ではギーが簡単に手に入らない!


輸入食料品店でみつけたものは見るからに古そう・・・


埃をかぶっていたし・・・


お料理に使うには全く問題ないのでしょうが、飲み物に使う気がしませんでした。


そうこうしているうちに、直近のアメリカ版「ヨガジャーナル」にギーの作り方が掲載されておりましてー。


やったぁ!


自分でギーが作れるんだぁぁぁ!


読む限り、なかなか簡単に出来そう・・・


高品質の食塩不使用バター(製菓用)、出来ればオーガニックなものが要るだけ。


作り方は超シンプル!


バターをお鍋に入れて火にかけ、糖分や蛋白質が分離されてお鍋の底に沈み、水分が蒸発するまでゆっくり加熱します。


パチパチいう音がしなくなり、金色の液体になればOK。


表面に浮かぶ泡(あく)をスプーンですくって取り除き、布巾をかけた茶漉しで丁寧に漉して清潔な容器に流し込みます。


ギーの出来上がり!


香ばしく、まろやかな味がします。


初めてトライした時は分離した蛋白質を焦がしてしまい、金色ならず、飴色になってしまいました。


味はまあまあでしたが・・・


2度目に成功!


作り方のコツが分かったのでこれからはいつでもギーが作れるわっ:)


言うまでもなく、毎晩のギー入りホット(ソーイ)ミルクの習慣は再開しました。


うま〜。


そうそう、ギーはトーストに塗っても美味しいですよ。


勿論、インド料理を作る時に使えば本格的な味が楽しめます。


どうですか?


皆さんもギー作りを試してみませんか?

 

Ghee

 

Ghee is a form of clarified butter, butter from which water and milk solids have been removed by gentle heating.


Ayurveda
, India
’s ancient healing system, considers ghee to be one of the most health promoting of all foods.


In India, ghee is widely used in Ayurvedic medicines as well as in cooking.


It is also frequently used for religious rituals as ghee is sacred and auspicious throughout India.


Indian cuisine is very popular in the UK, and, in fact, curry has become the nation’s most
favourite meal in recent years.


Like many other Britons, I’m a huge fan of Indian food.


I have enjoyed the numerous fantastic meals at restaurants, take-aways and even my own cooking (eh…not so fantastic in this case…).


Unsurprisingly, ghee is widely available in the UK, and I used to keep it in my kitchen cupboard in London.


So I was familiar with ghee long before I visited India, albeit my familiarity was exclusively to its use in cooking curry. 


When I was in India 5 years ago, someone recommended me to drink hot milk with a little bit of ghee mixed in to help my yoga practice.


The logic behind this was that ghee would lubricate the joints.


Hence it would help me to go deeper into yoga practice.


It sort of made sense then and I kept up a nightly ritual of drinking hot milk with ghee while I was in India.


I don’t think it made any difference to my practice, though…


I found, however, the drink very comforting, and that is why I continued the ritual.


Well, it, at least, helped me to sleep :)


Perhaps, I should have kept up with the routine for much longer to notice the positive difference to my practice…


Perhaps not…


Anyway, the ritual has been long forgotten until recently…


I’ve started fancying hot milk with ghee again.


Unfortunately, ghee is not widely available in Japan.


The ones I found in imported food shops looked, well, ancient… covered with dust and all that…


I guess they are perfectly ok to use in cooking, but I don’t like the idea of using it my drink.


Then I read an article about ghee making in the latest Yoga Journal the other day.


Eureka
!


I can make my own ghee!


It sounded quite easy to make one – all you need is good quality unsalted butter, preferably organic one.


The method is simple!


You need to simmer the butter in a pot until milk solids are separated from the fat and water from butter is all evaporated.


Skim the foam gathered on the surface. 


Once it’s done, pour the ghee through cheesecloth over a tea strainer into clean containers.


Voila!


Beautiful golden liquid is left in the container!


It tastes nutty and comforting.


In my first attempt to make ghee, I ended up burning milk solids, and the ghee turned into dark amber rather than golden… Ugh…


It still tasted ok, though…


My second attempt was successful!


I’ve got the hang of it now, so I can make my own ghee any time :)


As you would expect, I’ve resumed my nightly ritual of hot (soy) milk with ghee.


Yum!


Oh… ghee is very nice spread over a toast and, of course, you can use it for cooking authentic Indian food!


Why don’t you try to make one yourself? 








 

English text follows Japanese.


1960
年、70年代、ヨーロッパからたくさんのフラワーチルドレン、いわゆるヒッピー達がアドベンチャーや精神的な啓発そして中には幻覚をおこさせるような強いドラッグを求めてインドに旅立ちました。


彼らのほとんどはいずれ祖国に戻りましたが、そのままインドに住みついた者達も少なからずいたようです。


「ヒッピー・マサラ」はインドに残留した、今は年老いつつあるヒッピー達を追ったドキュメンタリー映画。


昨年私はインド旅行中にこの映画に登場するヒッピーの一人に偶然ハンピで出会いました。


村の小さなレストランでチャイを飲んでいた時、全身黒できめた女性が犬と共にやって来たのです。


その日は非常に蒸し暑く、私なんか、薄いTシャツ姿でしたが、汗ダラダラの状態。


それに対して彼女は黒のトップに長いスカートを着用していたにも拘らず、涼しげで、カッコイイいでたちでした。


映画のことを知らなかった私は「このカリスマ的な人は誰?」と思ったものです。


とにかく、一緒にチャイを飲んでいたドイツ人の女の子が映画に出演していた女性だということに気付き、みんなでお喋りをすることになったのです。


話を聞いてみると、この女性の生き方は非常に興味深いものでした。


シンプルで自然と共存した生活・・・


みなさんは電気がない生活なんて考えられますか?


焚き火でご飯を作ることは?


最初から最後までこの映画を見る機会が残念ながらまだありませんが、
YouTubeで見た映像によると、彼女は小さな小屋に住み、洞窟でご飯を炊いていました。


ハタヨガに関する古い教典「ハタヨガ・プラディピカ」で著者スワトマラマヨギが住むべき理想的な場所として、シンプルで、清潔、実用的で自然な場所を挙げています。


まるで彼女が住む場所のよう・・・


誰にだって多かれ少なかれ逃避願望がありますよね?


忙しい都会の生活から逃れ、スピリチュアルな生き方への憧れ・・・


私だってそうです。


しかしながら、そういった生活を一生続けられるかというと大きなハテナマークです。


便利な現代生活に慣れた者にとって、何もない生活の大変さはもとより、虫や蛇、何が出てくるか分からない場所に住むのも容易ではないでしょう・・・


この映画に興味があればアメリカ在住の方のみネットで全部見ることが出来るよう・・・(無料)


それ以外にお住まいの方は
YouTubeで部分的なら見ることが出来ますよ。


 


Hippie Masala

 

In the 60s & 70s, loads of flower children traveled to India from Europe, looking for adventures, spiritual enlightenment, and well, for some, mind-blowing drugs.


Most of them stayed there for a while, but eventually returned home.


Some, however, stayed for good, making India their home.


“Hippie Masala” is a documentary film featuring the lives of now aging hippies who stayed behind.


Last year during my trip to India, I met one of the characters portrayed in the film in Hampi by chance.


I was having a chai with others at a small village restaurant, when a lady dressed entirely in black arrived with a dog.


It was a very hot and humid day - I was sweltering in my thin T-shirts, sweating profusely.


The lady, however, looked very cool, both literally and figuratively, in her black top and long skirt.


I didn’t know about the film then, so I just thought “Wow! Who is this charismatic lady?”


One of my fellow travelers, a German girl,
recognised her from the film and we started talking.


Her life sounded fascinating – leading a very simple life, living with nature.


Can you imagine a life without electricity?


Cooking all your food over a camp fire?


I haven’t seen the entire film yet, but a little clip I saw on YouTube showed her living in a little hut, cooking her meal in a cave.


In Hatha Yoga Pradipika, an ancient scripture about Hatha Yoga, the author, Swatmarama, described an ideal dwelling for a yogi – a simple, clean, practical and very natural hermitage, well, just like hers.


Most of us possess a sense of escapism to a degree – leaving the busy life in the big city behind and pursue a spiritual life.


I certainly have a longing for it.


Whether I could live like that permanently or not is a huge question mark, though.


Apart from a lack of mod-con, there is a matter of insects to contend with and even worse, snakes and God knows what else…


Anyway, you can see the entire film online, if you reside in the US.


Otherwise, you can see a part of it on YouTube.