qrcode

 

English text follows Japanese.


私は昔から「お月様」には不思議な力があると思っていました。


個人的には私自身、月の満ち欠けの影響をそんなに受けないけど、ある星座の人、そう蟹座生まれの人はかなり感応されているような気がします。


これも蟹座を司る天体がお月様だからなのでしょう。


蟹座生まれの中にはどうも満月の時期、非常にエネルギッシュというかハイパーになって、逆に新月が来たらやたらダラ〜としてしまう人がいるようです。


まぁ、これは偶然かもしれませんが、私の観察と経験上から言うと、こういう結論になります。


私の夫が蟹座生まれでして・・・


とにかく、星座に拘わらず「水」を本質としているものが全てそうであるように(人間の身体の約70%は水分で構成されているとのこと) 私たちも少なからず月の周期の影響を受けています。


だからアシュタンガヨガでは伝統的にムーンデー(満月と新月の日)は練習をお休みにするのでしょう。


月の周期によって異なったエネルギーを感じるからです。


例えば満月の時は拡張的で上向きの力を感じ、そのためエネルギッシュで感情的になる反面、落ち着きが感じられません。


また、新月の時は縮小的で下向きの力を感じ、そのため穏やかさと落ち着きを感じますが、身体が重く、運動をする気がしません。


月の周期と言えば、明後日、59日は満月。


ヨガ友から教えてもらった変わった瞑想法があるのですが、なんと満月の日にのみ行います。


どうするのかというと、


満月の日に月が見える静かな場所で座って瞑想を行います。


時間はお好きなだけ、少なくとも1520分程行って下さい。


その後、紙と何か書くものを用意して、自分の「望み」を7つその紙に書きます。


順序は関係なしです。


書き終わったらもう一度瞑想を行いますが、今度は7つの望み一つずつに意識を集中させながら行います。


そうするといつかそれらの望みが叶うとか。


友人曰く、この瞑想、本当にワークするそうですよ。


ただし、例えば、宝くじに当たりたいとかいう願いはダメ。


脳にポジティブ思考の種を蒔くという方法なので、現実的な願いでないとダメかも・・・


私自身、まだこの瞑想法を試していませんが、明後日は絶対試すつもり!


ハッピー・ムーンデー!


 

The Full Moon Meditation

 

I’ve always thought that the Moon has some sort of mystical powers.


I’m not personally affected by its cycle of waning and waxing much, however, people of a certain star sign, namely Cancerians, are definitely influenced by it.


I’m sure this phenomenon can be explained by the fact that the Cancerian’s ruling planet is nothing other than the Moon. 


Some Cancerians are full of energy which borders to hyper around the time of the full moon and lethargic at the time of the new moon.


This could be just a coincidence.


However, based on my observation and experience, this seems to be the case.


My husband is a Cancerian, you see :)


Anyhow, I guess regardless of your star sign, like all things of a watery nature (human beings are about 70% water), most of us are more or less affected by the lunar cycle.


This is why practitioners of Ashtanga Yoga traditionally do not practice on the moon days – the days fall on the full moon and the new moon.


The phases of the moon are believed to create different energetic experiences.


The full moon energy is an expansive, upward moving force that makes us feel energetic and emotional, but not well grounded.


On the other hand, the new moon energy is a contracting, downward moving force that makes us feel calm and grounded, but dense and disinclined towards physical exertion. 


Talking about the lunar cycle, the day after tomorrow, 9th May is the full moon.


My yogi friend has taught me an interesting meditation which is done on the full moon day.


Basically, on the full moon day, you find a quiet place where you can see the moon.


Sit in meditation for however long you feel like meditating, at least 15 – 20 minutes.


Then, find a pen and paper and write down 7 of your wishes on the paper.


It does not have to be in any particular order.


Once it’s done, go back to meditation for a further 15 – 20 minutes and this time you focus on each wish in your mind.


Your 7 wishes will be somehow
realised some day.


My friend swears it works.


But be warned!


If your wish is winning a lottery, it won’t work.


This technique is to plant a positive seed in your mind.


So your wishes need to be realistic.


I haven’t tried this meditation yet, but I’ll be definitely doing it the day after tomorrow!


Happy Moon Day!









 English text follows Japanese.

私はヨガを教える以外にヨガワークショップで通訳をすることもあります。


先日、友人のインストラクターが大阪のスタジオで行ったワークションプで通訳を担当しました。


正しい呼吸法とバンダを使って「背骨を覚醒させよう!」というワークショップで素晴らしい内容でしたよー:)


参加者からも好評で、ワークショップ終了後のみんなの反応や感想からすると、感銘を受けたこと間違いなし。


このワークショップ、「メッタ・メディテーション(慈悲の瞑想)」で締めくくられたのですが、今日はこの瞑想についてお話ししたいと思います。


「メッタ」とは最古の仏教経典で使われた言語「パリ語」「慈悲の心」という意味です。


この瞑想では自分自身へはもちろん、人種、宗教、社会的階級や「人間」という枠組みさえ越えて、この世界に生きとし生けるものすべてへの無条件で深い「慈しみの心」を育てます。


一定の言葉を反復することで友情、非暴力、そしてすべての生きものへの幸福と健康を強く願う気持ちといった、無限の心暖かさが引き起こされるのです。


では実際どのようにこの瞑想をするのかというと、


メッタでは「いざこざ、苦しみ、悩み、悲しみを感じることなく幸せに生きる」という普遍的な願いを念じます。


伝統的には、はじめに自分に対してこれらの願いを捧げ、次に愛する人、家族、友人、同僚、知人などに対して願いを捧げるのです。


念じる際に、その人(たち)の顔をイメージして言葉を反復します。


そして、最後にこの世界に生きとし生けるものすべてに対して念じます。


心を込めて念じる言葉は、


私は安全で守られていますように


私は平和で幸せでありますように


私は健康でありますように


私は悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


そして、


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)安全で守られていますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)は平和で幸せでありますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)は健康でありますように


私の愛する人
(家族、友人、同僚、知人など)悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


そして最後に、


この世に生きとし生けるものすべては安全で守られていますように


この世に生きとし生けるものすべては平和で幸せでありますように


この世に生きとし生けるものすべては健康でありますように


この世に生きとし生けるものすべては悩み、苦しみがなくなりますように(そしてこの世の全ての境遇を受け入れますように)


この瞑想はいつでもお好きな時にお好きなだけおこなってください。


また、座っておこなってもいいですし、歩きながら(出来れば行き先の目的なく)おこなってもかまいません。


初めてこの瞑想を前述のワークショップでおこなった時、溢れるような「愛」と幸せで胸がいっぱいになりました。


心の奥底から暖かさとしびれるような感覚が身体中に広がったのです。


そして自分の中に「安らぎ」を感じました。


みなさんもこの瞑想を試されますように。


そして心の奥底からの「平和」を見つけられますように。



 

Metta Meditation

 

Apart from teaching yoga, I occasionally act as an interpreter for yoga workshops.


The other day, I interpreted a wonderful workshop taught by my friend and fellow yoga teacher at a yoga studio in Osaka.


The workshop was about awakening spines using a proper breathing technique and bandhas.


It was well received by the students and no doubt they were truly inspired judging by everyone’s reactions and feedback at the end of the workshop :)


The workshop was concluded by Metta Meditation and about this meditation I would like to write today.


“Metta” means loving kindness in “Pali” which is the language of the earliest existing Buddhist scriptures.


In this form of meditation, the practitioners develop a deep and unconditional love for themselves and all living being in this world regardless of race, religion, social class and even the boundaries of humanity.


By reciting the specific words and phrases repetitively, they evoke the boundless warm-hearted feeling – friendship, non violence and a strong wish for happiness and well-being of others.


So how do we do this?


In Metta practice, we offer up universal wishes – to live happily and to be free from hostility, affliction, and distress.


Traditionally, we begin by offering these to ourselves, then to any or all of the following categories of people - our loved ones, family, friends, colleagues and people associated with us in any form.


Each time we recite the offerings, we picture an image of the person we are offering the wishes.


And finally, we offer the wishes to all living beings of this world.


So we begin like this;


May I be safe and protected.


May I be peaceful and happy.


May I be healthy and strong.


May I have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


Then,


May he/she be safe and protected.


May he/she be peaceful and happy.


May he/she be healthy and strong.


May he/she have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


Finally,


May all living beings be safe and protected.


May they be peaceful and happy.


May they be healthy and strong.


May they have ease of well being (and accept all the conditions of the world).


We can do this any time of the day and any length of time.


We can do this sitting in meditation or walking (preferably without a particular destination).


First time I tried this meditation during the aforesaid workshop, I was filled with such love and happiness.


I felt the warmth and tingling sensation spreading from my heart and reaching everywhere.


Then I was at peace with myself.


Hope you will try this and find peace from within.