qrcode


English text follows Japanese.

 

ヨガの練習がお決まりごとのように予定帳に登場することになったら、自分のマットを買うことを考え始める方もいらっしゃいますよね。


何人か私の生徒の皆さんもそう考えられましてー。


先週のクラスにまっさらのマットを持って来られました。


自分のマットをクラスに持ってくることは珍しいことではないですが、彼女たちは自分のヨガマットバッグを作っちゃったんですよね、これが!


素晴らしいわーっ!


とっても素敵なバッグよねー。


皆さんそう思われませんか?

 

Cool Yoga Mat Bags
 
As your yoga practice becomes a regular fixture in your diary, some of you might start thinking about getting your own yoga mat.

Well, some of my students have done exactly that.

They brought their new shining yoga mats to classes last week.

Actually, bringing your mat to classes is not unusual.

What impressed me, however, was that they made their own yoga mat bags!

How cool is that!?

Well done, ladies!

Their bags look absolutely gorgeous!

Don't you agree?


 









English text follows Japanese.

 

「自分で作るボルスター」が再入荷されました!


今回はカシスピンク、ラズベリーレッド、ロイヤルパープル、そしてビリジアングリーンの4色展開です。


どれも発色がキレイで、選ぶのを迷ってしまいそう:)


カバーは前回同様、綿100%で本体と表の2枚セットです。


価格は3,500円プラス送料のみ。


バーゲンでしょ?


お問い合わせはだれでもヨガまで。



 

New Stock for DIY Bolsters
 

We are pleased to announce that new stock has just arrived!

This time, we offer a choice of four different
colours for outer covers, and they are cassis pink, raspberry red, royal purple and viridian green.


They are all gorgeous, and no doubt you'll find it difficult to just pick one out :)


Once again, these covers are made of 100% cotton and come with a set of inner and outer covers.


The price is unchanged, and it's still 3,500 yen plus p & p.


A bargain, huh?


Please contact daredemoyoga for more information.

 








 

English text follows Japanese.

 

私は寒いのが苦手・・・


春が待ち遠しいです。


でも、この季節、暖かくなるととってもアンウェルカムなものが発生するのよ
ね・・・


そう花粉です。


多くの花粉症の方々同様、惨めで不快な季節の到来を案じている私。


日本では殆どの花粉症患者は杉かヒノキ、もしくはその両方の花粉にアレルギ
ーを持っていますよね。


2月になってちょっと気温が上がれば杉花粉が発生します。


気象庁によると今年は例年の10倍の花粉が予測されているようで、昨夏の猛暑の名残だそうです。


最悪〜!


この2週間で奇跡的に花粉症が完治しない限り、私にとって嫌な症状と格闘する惨めな季節の始まりです。


とにかく、花粉症対策はできる限りのことをしないとね。


薬を服用する以外に何ができるかしらと考えていたら、ネティのことを思い出しました!


ネティとはヨガ伝来の鼻腔を浄化する方法で、鼻をうがいするようなものです。


このネティですが、シャッカルマと呼ばれる6あるヨガ体内浄化法の一つです。


16世紀頃に著され、ハタヨガの分野でもっとも権威ある経典のひとつである「ハタヨガプラディピカ」にこれらの浄化法のことが詳しく書かれています。


ちなみにネティ以外のシャッカルマが何かというと、ダウティ(消化器官を浄化する方法)、バスティ(ヨガのエネマ)、トラタカ(凝視)、ナウリ(腹部のマッサージ)、そしてカパラバティ(呼吸法の一つで前脳を浄化する方法)です。


興味がある方は「ハタヨガプラディピカ」を是非読んで下さいね。


えーっと、浄化方法の手順ですが、ちょっと凄いよ。


とにかく、ネティですが、2種類ありまして、ここではジャラ・ネティといってお水を使う浄化方法をご紹介します。


さて、手順ですが、まずネティ・ポットを用意します。(ネットショップで購入可能ですよ。)


それに食塩を少し混ぜたぬるま湯を入れ、注ぎ口を鼻孔に挿入します。


頭を傾けてもう片方の鼻孔からお湯が流れるようにします。


その間、口を軽く開けて呼吸を続けることが肝心です。


もう片方の鼻孔も手順を繰り返し、最後に鼻を乾かすために、勢いよく鼻孔から空気を出すことを数回行います。


最初は要領を得ないかもしれませんが、慣れてしまうと鼻腔を浄化するのに非常に効果的です。


花粉症でお悩みの方にはお勧めですよ。


ただし、他の耳鼻疾患をお持ちの方は使用前に専門医にご相談くださいね。



 

Neti
 
I hate cold weather and can't wait the arrival of spring.

Unfortunately, the warmer weather has its unwelcome side effect, namely tree pollen!

Like millions of hay fever suffers, I'm really dreading the season of misery and discomfort.

In Japan, most of hay fever sufferers have allergy to cedar and/or cypress pollen.

Come February, just as soon as weather turns a little bit warmer, cedar starts releasing pollens.

This year, the Met Office has already predicted that pollen count would be TEN times higher than the average.

A legacy of the exceptionally hot summer we had last year, apparently.

Ugh...

Unless I were to be miraculously cured of the affliction in the next week or so, I would need to brace myself for the onslaught of the nasty symptoms to come.

It is vital that I do everything I can to lessen my misery.

So what could I do apart from taking the conventional medicines?

Then I remembered about "neti" - a yogic nasal cleansing technique.

Neti is a part of shatkarma or six yogic systems of body cleansing techniques.

These techniques are depicted in Hatha Yoga Pradipika, one of the foremost texts on Hatha Yoga, dating from about the 16th century.

Besides neti, the rest of shatkarma are dhauti (internal cleansing, mainly the cleaning of the digestive tract), basti (yogic enema), trataka (concentrated gazing), nauli (abdominal massaging) and kapalbhati (a breathing technique for frontal brain cleansing).

If you are interested in these cleansing techniques, do read Hatha Yoga Pradipika.

It is quite, eh, riveting to find out how they are done.

Anyway, back to neti, there are two types of nasal cleansing techniques and, here, I'm talking about "jala neti" - nasal cleansing with water.

For this technique, you need a neti pot (I bought mine online).


Fill the pot with lukewarm, slightly salted water, and insert its spout into one nostril.

Tilt your head so that the water flows out the other nostril.

Keep breathing through your mouth during the procedure.

Repeat on the other side, and make sure to dry the nose afterwards by rapid breathing.

You might find that the technique is a bit tricky at first.

But once you get the hang of it, this is a great way to clear nasal passage and very beneficial for hay fever sufferers.

For precaution, if you have any ENT related illnesses, please consult with your doctor before you try the technique.
 








English text follows Japanese.


私はプロップの大の支持者です。


プロップは素晴らしい発明品で、それらを考え出したアイアンガー氏に感謝しなければいけないといつも思っています:)


何がそんなに素晴らしいかって?


まず、プロップは身体を支えてくれ、それらを使うことで正確で安全にアーサナを行う手助けをしてくれます。


そして、何と言ってもプロップのお陰で身体に負担を掛けないで容易に誰にでもヨガをすることが出来るのです。


プロップにはいろんなタイプがありまして、例えば、ベルト、ブロック類、毛布、サンドバッグ、そして私が大好きなボルスター。


残念ながらこれらのプロップは決してお安いものではなく、日本での価格は欧米に比べて23倍はするようです。


プロップがもっと日本で普及すれば値段が下がるのでは?と期待しているのですが・・・


どうでしょうか?


是非もっとお安くなって欲しいですねー。


とにかく、せめてボルスターだけでも手軽に使えるようになって欲しいと思い、だれでもヨガムラタバッグのご協力で『自分で作るボルスター』を販売することになりました!


皆さんは自分で作るって、どういうこと?って思われるでしょうね。


ご説明いたしますと、本体と表のボルスターカバーセットを販売いたしますので、中はご自分で詰めてくださいということです:)


中に詰める物はといいますと、パンヤを詰めてもいいし、家の押入れにある古布団の綿とか、古い座布団、いらないタオル、シーツ、古着など、なんでもいいと思います。




それらをソーセージ状に丸めて本体カバーに詰めて表のカバーの中にいれちゃうというわけです。


どう?


面白い発想でしょ?


どこの家にもころがっている不要な衣類品を詰めたらエコだしね:)


これらのカバーは本体、表とも綿100%で、便利なように端から端までのジッパーが付いています。


本体と表のカバーがあるから、汚れても表のカバーを取り外し、洗濯すればOK。


表のカバーは発色がきれいな3(パープル、ロイヤル・パープル、カシス)から選んでいただけます。




そして、気になるお値段はというと、本体と表のカバーセットで3500円プラス送料です。


ね、お手頃な値段でしょ?


興味がある方はだれでもヨガまでお問い合わせくださいね:)



 

DIY Bolsters

 

I’m a huge advocate for using props.


Props are great inventions for which we should thank Mr BKS Iyengar :)


What is so great about them?


Well, they give you extra inches and support to your body which help you to obtain the correct alignment in yoga asanas.


But above all, they give you “ease” so that you can achieve the correct alignment without straining yourself.


There are many types of props such as belts, blocks, bricks, blankets, sandbags and, my favourite, bolsters.


Unfortunately, these props are not cheap in Japan and their costs are quite often 2 to 3 times higher than in Europe and the States.


I guess once the props gain more popularity in Japan, the prices might come down?


I hope so…


Anyhow, to make at least one of the props affordable, daredemoyoga in collaboration with Murata Bag is offering “DIY Bolsters”!




You might be wondering what they are…


Basically, we are selling a set of bolster covers that consist of one outer cover and one inner cover.


The idea is that you use whatever materials you have at home such as cotton from old futons, rolled up old blankets or towels to stuff in the inner cover to make your own bolster and put it in the outer cover!


Great idea, huh?


If you use any old and unwanted materials lying around at home for the stuffing inside, it’s ecological as well :)


These covers are made of 100% cotton with a full zip that makes stuffing easy work!


As it comes with both inner and outer covers, you can remove and wash the outer cover with ease whenever necessary.


By the way, for the outer cover, you can choose from 3 beautiful colours (purple, royal purple and cassis)!


And best of all, the price for each set is only 3,500 yen plus p & p.


Not bad, huh?


For more information and availability, please contact daredemoyoga.








English text follows Japanese.


このクリスマスとお正月を私はロンドンで過ごしてきました。


ロンドンは私にとって第二の故郷(第一?)


愛すべくエキサイティングな大都市です。


特にロンドンのヨガ・シーンは最高:)


だって、ロンドンには素晴らしいヨガスタジオがたくさんあるのですもの。


それらの中でも私の一番のお気に入りで、ロンドン在住中毎日のように練習に通っていたのがトライヨガ
(Triyoga)


日本にベースを移した今もロンドンに戻った時は出来る限りトライヨガで練習するようにしています。


今回も、もちろん何度もスタジオに通い、参加したクラスすべて満喫してきました:)


特にアーバン・リトリート
(The Urban Retreat)での経験が印象深く残っています。


アーバン・リトリートとはトライヨガ恒例の年末イベントで、参加者はロンドンに居ながらリトリート環境を体験できるのです。


4
日間のリトリート中、参加者は朝から夕方までスタジオで過ごし、ヨガ、キルタン、そして瞑想に没頭します。


もしくは、感じたことや様々な出来事を振り返る時間をもつこともできます。


リトリートには毎年テーマがあり、今回のテーマは『恩恵への道』
(The Path of Grace)でした。


スケジュールの都合で私は
1日のみしか参加できなかったのですが、1日でも参加できたことが非常にラッキーだと思っています。


私が参加したのはリトリート
2日目で最初に『感謝の気持ち』についてディスカッションがありました。


リトリート参加者には、感謝する物、人をリストアップするという宿題が前日に与えられていたのです。


皆のディスカッションを聞きながら私も頭の中でリストを作ってみました。


まず、リトリートに参加させて下さった私の先生方、アナとジョーイの名前が浮かびました。


そして、私のいかなる決断をも応援して支えてくれる夫、ボブ。


私の愛犬、ウルフィーの忠誠心、献身さ、そしてもっともピュアな形の愛情への感謝の気持ち。


両親のありがたみ。


先生方の知識、指導、思いやりに対する感謝の気持ち。


生徒の皆さんのヨガに対する熱意。


私のリストはまだまだ続きます。


こうしてみると人はいかに多くの人、ものに頼って生きているのかが初めて分かります。


もちろん、物事がすべて自分の思い通りにいくわけではありませんが、それでも、目を大きく開いて周りを見渡せば、感謝すべきことがたくさんあることに気が付くでしょう。


リストが長くなるにつれ、私は暖かい気持ちで胸がいっぱいになりました。


自分が恵まれていることを感じました。


皆さんもリストを作ってみませんか?


そして、恩恵への道の第一歩を踏み出してみませんか?

 



The Path of Grace

 

I’ve just come back from London after having spent Christmas and the New Year there.


London
is my second home (or first?) and I love so many things about this exciting city.


I especially love its yoga scene, as London is full of fantastic yoga centres.


One such centre, and my favourite, is Triyoga where I used to practice regularly.


I make a point of practicing there as much as I can during my visits to London.


Needless to say, I’ve made several trips to the yoga centre during this visit and enjoyed all the classes I attended tremendously :)


I especially relished an experience I had during the Urban Retreat.


The Urban Retreat is Triyoga’s annual end of the year event and it offers a retreat environment to the participants while still in London.


During the 4 day event, the participants spent from the morning to the evening at the yoga centre immersing themselves with yoga, kirtan and meditation, or simply reflecting on their thoughts and experiences.


Each year, the retreat has a theme and this year’s theme was “The Path of Grace”.


I was lucky to join the retreat for one day, which was unfortunately all my schedule permitted.


During the first part of the retreat on the day I attended, we discussed about “gratefulness”.


The participants, I gathered, were given homework on the previous day to write down a list of what or who made them grateful.


While I was listening to their discussion, I started to compose a list of my own.


First of all, I was grateful to my teachers, Anna and Joey for letting me join the retreat for the day.


I felt grateful for my husband, Bob, for his unwavering support for whatever I decided to do.


I was grateful to my darling Wolfie, a little yorkie, for his loyalty, devotion and love of the purest kind. 


I was grateful to my parents for everything they had done for me.


I was grateful to all my teachers for their knowledge, guidance and compassion.


I was grateful to all my students for their loyalty and enthusiasm for yoga. 


The list was endless.


When we do an exercise like this, we realise how much we depend on others for who we are and what we do.


Of course, life does not always turn out the way we wish, however if we look around with eyes wide open, there is still plenty to be grateful about :) 


As my list went on and on, I was filled with warmth and started feeling really blessed.


Why don’t you try to make your own list?


And take a first step to the path of grace.