qrcode

                       
As a yoga teacher, I'm quite often asked by my students for advice about yoga mats.
There are so many mats on the market and it is rather confusing which mat is right for us.
Let's look at the price, for instance.
You can spend anything around 1,000 yen to over 15,000 yen.
I even bought a mat that roughly cost mere 900 yen before.
Obviously the price is not the only consideration, and how about the weight, length and the material?
We might choose a mat on basis of ecological awareness as well.
Decision, decision...
Anyway, up to now, every time my students asked for advice, my answer was always the same - look around on the internet to see if they could find something they like.
This is because, to be honest, I didn't know which mat to recommend.
My answer, however, will be different from now on, as I have recently discovered a brilliant mat while I was in London.
It is called "Liforme Yoga Mat" and this mat is must have for all those who are looking for truly non slipping yoga mat.
I love dynamic styles of yoga, but my sweaty hands always let me down, as my hands start sliding on the mat.
It happens, especially, in Down Dog if I stay in the pose for any length of time.
When it does, I have to come out of the pose and either cake my hands with chalk or, rather embarrassingly, wipe them down with the front of my yoga pants.
What a hassle!
The Liforme mat is truly amazing, though, as however much your hands sweat, miraculously you never lose grip on the mat.
Another great thing about the mat is that there are several lines that stagistically marked on the surface.
These lines are brilliant to check your alignment.
Once I was in Down Dog and saw my hands were perfectly placed on each side of the vertical line of the mat.
When I looked at my feet, oops, they were slightly off keel towards left.
I wouldn't have noticed this misalignment if the line was't marked.
So there you have it!
A perfect yoga mat!
With the price tag of £100, I have to admit it's rather expensive. 
It, however, is definitely worth every penny if you are like me - no more worrying about losing grips as well as having a perfect tool for correcting alignment.
Liforme Mat is the best yoga mat ever!
For more information, please visit https://liforme.com


ヨガを教えているとわりと頻繁に生徒の皆さんからマットについてアドバイスを求められます。
いろんなマットが市場に出回っているので一体どれを買えばいいのか、なかなか難しいところですよねー。
値段だけでもピンキリです。
1,000円くらいから上は15,000円以上…
私自身以前900円そこそこのマットを購入したことがあります。
でも、値段だけで決める訳じゃないですよね…
マットの重量、サイズ、そして素材なども決め手になります。
エコの観点からマットを選びたいかもしれないし…
あぁーっ、ほんと、迷ってしまいますよね〜
実のところ今までマットについて尋ねられたら私の答えはいつも同じで、「ネットで探してみてください!」でした。
と言うのは、私自身皆さんにお勧めできるマットが無かったからです。
でも、今後訊かれたら私の答えは違います!
直近のロンドン滞在中に素晴らしいマットに出会ったのです!
そのマットは「Liforme Mat」で、本当に滑らないマットをお探しでしたら絶対お勧めです。
私はダイナミックなスタイルのヨガが好きで良く練習するのですが、手に汗をかきやすく特にダウンドッグでは必ずと言って手が滑って困っていました。
手が滑り出すとポーズから出て滑り止めの粉を手につけるか、粉がない時はお恥ずかしながらヨガパンツの前部分で手を拭くことを繰り返していました。
面倒くさぁ〜い!
ところが、Liforme Matは違います!
このマットはいくら手に汗をかいても全く滑りません。
驚くほど滑らないのです。
このマットの良い所はそれだけではありません。
マットに数箇所線が描いてあって、それらを使って自分でアライメントを確認することが出来るのです!
素晴らしいでしょ〜
一度ダウンドッグで両手はマットの真ん中の縦線を挟んでバランス良く位置付けしてあるのに、両足を見たら、きゃぁーっ、少し左側にズレているじゃないですか…
このミスアライメント、縦線が無ければ気付かなかったと思います。
超便利!
ねっ、ほんとに私の中では100点満点のマットです!
値段は£100と決して安くはないけど、私みたいに手が滑って困っている人には絶対その価値がありますよ〜
だって、絶対に滑らないから集中してヨガが出来るし、オマケにアライメントも確認出来るなんて!
Liforme Matはサイコーなマットですよ!









English text follows Japanese.

 

ヨガの練習がお決まりごとのように予定帳に登場することになったら、自分のマットを買うことを考え始める方もいらっしゃいますよね。


何人か私の生徒の皆さんもそう考えられましてー。


先週のクラスにまっさらのマットを持って来られました。


自分のマットをクラスに持ってくることは珍しいことではないですが、彼女たちは自分のヨガマットバッグを作っちゃったんですよね、これが!


素晴らしいわーっ!


とっても素敵なバッグよねー。


皆さんそう思われませんか?

 

Cool Yoga Mat Bags
 
As your yoga practice becomes a regular fixture in your diary, some of you might start thinking about getting your own yoga mat.

Well, some of my students have done exactly that.

They brought their new shining yoga mats to classes last week.

Actually, bringing your mat to classes is not unusual.

What impressed me, however, was that they made their own yoga mat bags!

How cool is that!?

Well done, ladies!

Their bags look absolutely gorgeous!

Don't you agree?


 









English text follows Japanese.

 

「自分で作るボルスター」が再入荷されました!


今回はカシスピンク、ラズベリーレッド、ロイヤルパープル、そしてビリジアングリーンの4色展開です。


どれも発色がキレイで、選ぶのを迷ってしまいそう:)


カバーは前回同様、綿100%で本体と表の2枚セットです。


価格は3,500円プラス送料のみ。


バーゲンでしょ?


お問い合わせはだれでもヨガまで。



 

New Stock for DIY Bolsters
 

We are pleased to announce that new stock has just arrived!

This time, we offer a choice of four different
colours for outer covers, and they are cassis pink, raspberry red, royal purple and viridian green.


They are all gorgeous, and no doubt you'll find it difficult to just pick one out :)


Once again, these covers are made of 100% cotton and come with a set of inner and outer covers.


The price is unchanged, and it's still 3,500 yen plus p & p.


A bargain, huh?


Please contact daredemoyoga for more information.

 








English text follows Japanese.


私と編み物とのラブ・アフェアーは続いています:)


先週日曜日のこと、アブリル心斎橋で行われた編み物教室に参加して、指編みを習ってきました。


そう、アブリルでは初級と中級の編み物教室が割と頻繁に開催されています。


誰だって参加できますし、全くの初心者でも大丈夫です。


いいでしょ?


これらの教室は私のように本や
YouTubeのビデオを見ても編み方がイマイチ理解できない人にとって編み物を習う絶好の機会です!


教室に参加してみた感想はというと、編み方がよく分かったし、とても有益なひと時でした。


めちゃ楽しかったです:)


先生はフレンドリーで優しい方・・・


私が繰り返し失敗しても、嫌な顔ひとつせずに助けてくださいました。


そして2時間の教室後、とってもゴージャスな指編みマフラーの完成です!


指編みってすごいです!


だって、まず当たり前だけど、道具が必要ないでしょ。


それに編み針を使うより、もっとゆるく編めちゃうから、出来上がりがとってもソフトで軽いの。


おまけに、エコでオーガニックじゃない?


これでもうマフラーを卒業して次の段階に進める自信がつきました。(かな?)


それで、次はスヌードを編もうと思っています。


スヌードは筒状のネックマフラーで(おっと、これもマフラーだったわ・・・)この冬大流行しましたよねー。


早速、近々アブリルに出向いて素敵な糸を買うつもりです!


ほんと、糸選びが一番楽しいのよねー。


うきうきしちゃいます:)


 

Finger Knitting
 
So far my love affair with knitting shows no sign of waning :)

I attended a finger knitting lesson at Avril Shinsaibashi last Sunday.

Yes, they run beginner and intermediate knitting lessons pretty frequently.

Their lessons are open to everyone and even a complete beginner is welcome.

Great, huh?

These lessons offer an excellent opportunity to learn how to knit for someone like me who can’t quite work out the art of knitting by looking at books and YouTube videos.

Anyway, the lesson was informative as well as fun.


I really had a fantastic time :)

The teaching staff was very friendly and incredibly patient. 

I botched up many times during the lesson, but no matter how many times I asked for help, the help was given without any huff.

At the end of two hours lesson, I managed to complete a beautiful scarf, all done by fingers :)

Finger knitting is brilliant!

A. You don't need any tools (obviously).

B. You can knit more loosely than using knitting needles, and this makes the texture light and soft. 


C. It's sort of eco and organic!


Now, I think I am ready to graduate from the scarf knitting stage and feel confident to move on to something else.


So my next project will be a snood!


Snood is a tubular neck scarf (oops, another scarf!), and it was all the rage this winter in Japan. 


I'll be making a shopping trip to Avril Shinsaibashi soon to get my hands on the gorgeous yarns again.


You know what?


Choosing yarns is my most
favourite part of the whole knitting project :)


I can't wait!








 English text follows Japanese.


ドルチェ・ファール・ニエンテ
とは「何もしないことの甘美さ」という意味です。


私はこのイタリア語のフレーズが大好き:)


だって、とっても美味しそうな響きでしょ?


まるで口の中でとろけるスィーツのよう・・・


このフレーズは「食べて、祈って、恋をして」の映画版を観て知りました。


日本では昨秋に公開されましたよね。


原作はアメリカ人作家エリザベス・ギルバート著書の回想録で、ベストセラーになった作品です。

この話題の回想録、1年に渡る彼女の旅について書かれています。


プレジャー、スピリチュアリティー、そしてバランスを探求するために彼女はイタリア、インド、そしてバリへ旅するのです。


私のお気に入りの本です。


心に残る語句がたくさん登場しまして、(中にはいただけないものもありますが)、私の引用句語録ノートにメモするつもりです:)


ちなみに「ドルチェ・ファール・ニエンテ」ではなく、「ベル・ファール・ニエンテ」が原作では使われていますよ。


似たような意味合いよね。


ところで、私の「ドルチェ・ファール・ニエンテ」はどんな時だと思いますか?


そうね・・・


例えば、賑やかな通りに面したカフェで、忙しそうに行き交う人々を横目に私はゆっくりコーヒーを飲んでいます。


その瞬間私には拘束されるものが何もなく、外の世界を眺めることと、のんびりコーヒーを楽しむことに静かな喜びを感じているのです。


別のシナリオだと、設定はギリシャのとある島の小さな漁村・・・


古びた小さなレストランでワインを飲みながら私はギリシャ風サラダとカラマリのランチをいただいています。


太陽が輝き、頭上では日よけのパラソルが潮風にパタパタなびいています。


私には心配事も困り事も何もないのです。


完全に自由なのです。


または、ロケーションはどこか人気のないビーチ。


私は夕日を眺めています。


そこには空と海と私以外何も存在しません。


過去も未来もなく、今この瞬間のみが私の眼前に広がっているのです。




これらの3つのシナリオですが、どれも私が大好きなジョン・レノンの曲Watching the Wheelsを彷彿させます。


「僕はここに座って車輪がくるくる回るのを眺めているんだ

 車輪が回るのを見ているのが好きなんだよ

 メリーゴーランドに乗っているような終わりのない毎日の生活は
 もうやめたんだ

 そういった生活に縛られるのをやめたんだよ。」


何もしないことの甘美さ。


全てを捨てて自由になることの甘美さ。


いいと思われません?


 

Dolce far Niente
 
It means "the sweetness of doing nothing".

I love this little Italian phrase.

It sounds utterly delicious, doesn't it?

Like scrumptious desserts that just melt in the mouth.

I heard this phrase in the film version of "Eat Pray Love" that was released in Japan last autumn.

"Eat Pray Love" is a best-selling memoir by American author Elizabeth Gilbert.

In this hugely popular memoir, the author chronicled her year long trip to Italy, India and Indonesia where she sought and found pleasure, spirituality and balance respectively.

I love the memoir, by the way.

There are loads of great quotes in the memoir (well, there are some over the top ones, too) that I’ve earmarked for my little notebook of interesting quotes :)

Incidentally, "dolce far niente" doesn't appear in the original memoir.

"Bel far niente", the beauty of doing nothing, is the one used by the author there.

Anyway, what do you think my "dolce far niente" moment would be?

Well, I'd say, I'd be sitting in a cafe facing a busy street.

I'd be watching people hurrying to and fro in the street while taking great pleasure in the knowledge that I wouldn’t have to be anywhere or do anything other than have a leisurely coffee and watch the outside world.

Well, in another scenario, I'd be in a little fishing village somewhere in Greek Islands.

I'd be having lunch in a little run down taverna, enjoying my Greek salad and calamari with a glass of vino.

The sun would be shining and there'd be nice sea breeze ruffling a sun parasol above my head.

I wouldn't have a care in the world.


Or I could be in a deserted beach somewhere watching the sunset.


There'd be nothing between the sky, the ocean and myself.


There’d be no past, no future, just the present moment spreading in front of me.


Well, all of the above scenarios remind me of one of my
favourite songs by John Lennon, “Watching the Wheels”.

I’m just sitting here watching the wheels go round and round

I really love them roll

No longer riding on the merry-go-round

I just had to let it go


The sweetness of doing nothing.


The sweetness of letting it go.


Imagine how liberating it would be…